タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選 | 口臭ラボ

 

  • 口臭がドブ臭い…
  • 肺からうんこ臭がする…
  • タバコを吸った後もヤニ臭がひどい…

 

こんな人と同じ環境にいるとどうですか?
不快でたまらなくなり、一刻も早くその場から抜け出したいと思うでしょうね。

 

…でも臭いを発している当の本人こそ、その場から抜け出したいという思いが強く、とっても辛い思いをしているはずです。
今回はタバコを吸うことがどう口臭に影響してくるのか、その原因と対策をご紹介します。

 

タバコのどんな成分が口臭を招くのか

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

タバコには様々な化学物質が含まれていますが、その中でも特に口臭の原因となってしまう3つの成分についてのお話です。

 

ニコチン

タバコの葉に含まれるアルカロイドの一種である「ニコチン」には、中枢神経や末梢神経を興奮させて血圧を高める作用があります。

 

ニコチンは有毒性が高く独特の臭いを発生させる物質ですが、このニコチンが歯や舌・口内に付着して嫌な臭いやきつい口臭の原因に!

 

それだけでなく、ニコチンは口の中の血液循環をも悪化させてしまうので「口内を清潔に保つ」という大切な役割を担った唾液分泌量の低下を招き、口内の細菌の増殖を促して口臭を発生させてしまいます。

 

タール

タールは非常に粘り気のある液体で一般的には「ヤニ」と呼ばれており、口の中に一旦広がってしまうと短時間で全て除去することは難しいとされています。
非喫煙者であれば口内に広がってしまったタールを唾液で流し代謝することができますが、唾液分泌量が少なくなっている喫煙者の場合はなかなかそうもいきません。

 

そして数千種類の化合物が結合して成っているタールの内、200種類以上は有害物質だといわれているんです!
「歯が茶色になる」「喫煙部屋の壁が茶色になる」などは粘り気の強いタールによる影響で、歯の表面や舌だけでなくタバコの煙として吸い込むことによって「肺の中」にまで有害物質が付着してしまいます。
「口内から」そして「肺から呼吸として」発生されるタールの臭いは、口内で繁殖した細菌の臭いと混ざり合って独特な悪臭を漂わせます。

 

一酸化炭素

タバコが燃えるときに発生する気体である一酸化炭素は、口内の酸素運搬能力を低下させて酸素量を減らしてしまいます。

 

酸素濃度の低くなった口内はもちろん細菌・ばい菌にとって好条件となり、繁殖を促進させて口臭を招きやすくなります。

 

タバコによる口内変化とは

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

喫煙習慣のある人の口の中では、非喫煙者にはない「口内変化」が起こっていることをご存知ですか?

 

ここでは日常的にタバコを吸うと、口内にどのような悪影響が及ぼされるのかをご紹介します。

 

歯周病になりやすくなる

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

口臭に悩んでいる方の多くが患っているといわれている「歯周病」ですが、これは口内で細菌やばい菌が繁殖・増殖して歯茎に感染し、炎症を引き起こしてしまう病気です。
タバコを吸い続けることで生じる「毛細血管の収縮」「唾液分泌量の低下」「口内の免疫力低下」は、口の中に歯周病の原因となる細菌やばい菌を増加させてしまいます。

 

その結果、喫煙習慣によって引き起こされた「口内環境の悪化」が原因となって歯周病や口臭につながります。

 

舌苔(ぜったい)ができやすくなる

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

喫煙習慣のある人の舌の表面をじっくりと見たことはありますか?

 

多くの喫煙者に見られるのは「舌の表面の舌苔」です。
舌苔とは「口内の代謝物や細菌の塊」で誰にでもあるものですが、喫煙習慣によって口内環境が悪化すると、この舌苔の付着が異常に目立ってしまうことも!

 

ニコチンやタールといった化学物質を摂取する習慣があればあるだけ唾液の分泌量を減らし、舌の毛細血管の働きを鈍くさせてしまうんです。
すると舌自体の代謝活動もうまく行えず、本来なら自然に剥がれ落ちていくはずの舌苔がどんどん溜まり細菌を増やしてしまいます。

 

膿栓ができやすくなる

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

喫煙習慣がある人の多くは「咳が出る」「痰がつまる」といった、不快な症状が現れている場合が非常に多くみられます。

 

細菌やばい菌がたくさん存在している痰が喉につまることで、喉周辺に細菌が増殖して「膿栓(のうせん)」ができるように…。

 

膿栓ができると粘液である「膿汁」の分泌量も増え、それが口臭として臭いを出す場合もあります。

 

またこの膿汁は粘液であるため「ただの痰だ。」と軽視されてしまうことも多々あり、気付かないうちに症状が悪化してしまっているケースも少なくありません。

 

”タバコによる口臭”を防ぐための対策とは

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

喫煙習慣はニコチンやタールといった有害物質の影響をダイレクトに受け、口内環境を悪化させてしまうものです。
そんな「タバコによる口臭」を改善させたいのであれば禁煙をすることが望ましいのですが、喫煙期間が長い人やヘビースモーカーの方などは思うように禁煙できないというケースが多いのでは?

 

そこでここでは喫煙を続けながらなるべく口臭も少なくできる、そんなお役立ち対策をご紹介します。
タバコを吸うときには、以下の項目を実践するように心がけてみてくださいね!

 

飲み物に気をつける

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

喫煙習慣のある方に多くみられるのは「タバコを吸いながらコーヒーを飲む」という、タバコ×コーヒーの組み合わせ。
実はこれ、タバコによる口内環境悪化に加えて「コーヒーによる口内環境悪化」も促してしまう、危険な組み合わせなんです!

 

コーヒーに含まれるカフェインには強い利尿作用があるため、あまりたくさん飲むと尿として体内の水分を排出して身体の水分量を低下させてしまいます。
水分量の低下した身体では唾液の分泌を十分に行うことができず、唾液分泌量の低下から口臭を引き起こしてしまいます。
水分補給をするときは、カフェイン入りの飲み物でなく「水」「ノンカフェイン飲料」にしましょう。

 

また、糖分がたくさん入った「ジュース」「スポーツ飲料」などもできれば避けたいところです。糖の過剰摂取は虫歯や歯周病の原因となる細菌やばい菌の大好物ですからね…!

 

歯磨き・舌磨きなど正しい口内ケアを行なう

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

正しいブラッシング方法で行う1日2〜3回の歯磨きに加え、舌専用ブラシで舌苔ケアやデンタルフロスや歯間ブラシなどを積極的に使用して口内環境を清潔に保つことが大切です。
歯磨きをきちんとしているつもりでも、磨きにくい奥歯や歯並びの悪い部分などに食べカス・歯垢は溜まりやすいものです。

 

実際に「1日3回、1回のブラッシング時間5分」しっかり歯磨きを行っている人でも、歯磨き後にデンタルフロスを使用したら「食べカスや歯垢が驚くほど取れた!」というケースもみられます。
アメリカやヨーロッパなどでは日本に比べて歯や口内環境に対する意識がとても高く、美しい女性ほど毎日のオーラルケアをしっかりと行っているものです。

 

最近ではドラッグストアやスーパーだけでなく、コンビニでも気軽にオーラルケア用品が購入できるようになってきました。
ぜひ日々の生活の中にケア用品を賢く取り入れ、少しでもタバコ臭さや口臭を改善できるように努力したいところです。

 

深呼吸で煙成分を外に吐き出す

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

タバコを吸った直後は、約10分程度タバコの煙が肺の中に残っているのだそうです。
そこで、タバコを吸った後は「深く深呼吸する」ことで肺の中に残っている煙を外に吐き出してしまいましょう!

 

ポイントは「肺から煙を全部吐き出す」ように、深く深呼吸をすること。
たったそれだけのことで効果あるの?と思ってしまいますが、肺に溜まった煙を素早くなくすことは、その後の口臭にも大きく関係してくるはず。

 

まずは「喫煙後の深呼吸」を習慣にして、様子を見てみてくださいね。

 

水分補給をして乾燥を防ぐ

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

口内の水分不足は細菌を増殖して口内環境を悪化させ、口臭の原因になってしまうんでしたよね!
ということは「口の中を潤わせる」ことで口内環境を整えて細菌の繁殖を抑制し、口臭改善・予防に役立てることも可能です!

 

水分補給する場合の飲み物ですが、先ほどもお伝えしたとおり「カフェイン入りの飲み物」「ジュース」などは避けた飲み物をチョイスしてください。
おすすめはもちろん「水」です!良質の水をこまめに飲むことで体内の水分量を確保し、「唾液分泌量の増加」を促進して口内環境を整えるのです!

 

歯医者さんでステイン除去をしてもらう

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

ステインとは歯の表面に起こった色素沈着のこと。喫煙したりコーヒー・ワインといった色素の強い飲み物を常飲することで歯の色素が茶色く着色されてしまいます。
この着色を落とすには「専用歯磨き粉の使用」「専用ブラシの使用」など様々な方法がありますが、一番確実なのは歯医者で歯のクリーニングを行ってもらうことです。
自分でステイン除去をしようと思っても、着色が一番気になるであろう「歯と歯の間」「歯と歯茎の境目」などはセルフケアしにくく、自己流で行ってしまうと歯茎を傷つけてしまうことも…。

 

その点歯医者でのクリーニングによるステイン除去なら、専門の器具を使用して自分ではできなかった細部まで行ってもらえるので安心です!
費用は歯医者によって様々ですが、だいたい保険適応外で5.000円〜20.000円前後のところが多く、1回でしっかりと着色を取り除き見違えるようなきれいな歯にしてもらえるのが魅力的!

 

ちなみに保険適応で歯のクリーニングを行う場合は「治療」という名目になるので、基本的には既に歯周病を発症している人しか受けることができません。
喫煙習慣のある方はぜひ「3ヶ月に1度の歯のクリーニング」を実践してみてはいかがでしょうか?
定期的に歯医者へ通院することで、オーラルケアの意識もより高まり口臭改善・予防にさらに効果が期待できることでしょう。

 

ガムを食べる

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

タバコを吸った後は血液循環が悪化したり酸素濃度が低くなったり等、唾液の分泌量が低下することで口臭の原因を作ってしまいます。
それならば、喫煙後にガムを噛んで唾液の分泌量を強制的にUPさせるのもひとつの手です!キシリトール配合のガムなら、有効成分が虫歯になりにくい口内環境を整えてくれるので一石二鳥!

 

ただ体内の水分量が不足している場合、どんなにガムを噛んでも唾液分泌量を上げるのは難しいものです…。
喫煙後には水分補給をしっかりと行ったうえで、ガムを噛む習慣をぜひ身に付けてくださいね。

 

口臭サプリを飲む

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「タバコが辞められない!」「だけど口臭が気になる!」という女性の中で大ヒット中の口臭サプリメントがあることをご存知でしょうか?
「乳酸菌配合」「薔薇エキス配合」といった口臭サプリメントは、タバコの中に含まれるニコチンやタールという化学物質の悪臭を抑えるだけでなく「いい匂い」に変えてくれる効果が期待できるそうです。

 

愛用者の中には「口臭が臭わなくなった!」という声だけでなく、「体臭が薔薇の香りになった!」「タバコ臭さが気にならないといわれた!」なんて驚きの声がたくさん。
口臭サプリメントにはお値段は続けやすいものが多く、飲用することでタバコを無理に辞めなくても女性としてのエチケットをしっかりと守っていけますよ♪

 

正しいケアで口臭悪化を食い止めよう!

 

タバコによる口臭を消したい!ドブ・うんこ臭の原因と対策ケア7選|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「体臭が薔薇の臭いになる」なんて、なんて素敵なことなのでしょうか…。

 

女性として産まれたからには、いつまでも美しくそして誰からも「あの人なんかいい香り?」と思われたいですよね?

 

実はタバコを吸っていない女性からも支持されている口臭サプリメント。
日々のオーラルケアや歯医者への通院と合わせて使用すれば、身体の内側から女性らしさを演出してくれるはずですよ!

 

 

>>タバコによる口臭におすすめの口臭サプリはこちら!