逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

逆流性食道炎と口臭には深い関係があります。
また、胃の不調や口臭に気付いて逆流性食道炎を疑う方もいれば、すでに逆流性食道炎と診断されていて口臭が気になってきている方もいるでしょうが、それに伴う対策を取らなければそのひどい口臭は解消できません。

 

ここでは逆流性食道炎と口臭のメカニズム、そして治療法・日頃からできる口臭対策をお教えします。

 

逆流性食道炎と口臭の関係

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

  • むねやけがする
  • 胃液が逆流してくる

 

なんて不快な症状が現れている場合の多くは、胃や食道に何らかの疾患が起こっていると考えられます。

 

上記の症状を伴う「逆流性食道炎」の場合、同時に口臭も発生してしまいやすいとされていますがそれはなぜなのでしょうか?

 

逆流性食道炎の人の特徴は「胃酸が逆流して口の中に胃の中の臭いがこもっている」ことが挙げられます。

 

健康な人は、胃と食道の境目にある「下部食道括約筋」という蓋の役割をする筋肉によって、胃酸や食べものが食道に逆流することを防いでいます。

 

しかし逆流性食道炎の場合では、この蓋の機能が低下してしまうことにより「胃の中の臭いを逆流させてしまっている」という状況なんです!

 

胃の中で発酵した食べものの臭いや腐敗臭は、胃酸と共に逆流して口臭として臭いを発してしまいます。

 

これが逆流性食道炎によって口臭が発生してしまう主なメカニズムといえますよ。

 

そもそも逆流性食道炎とは

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

通称「ドブ臭」ともいわれている逆流性食道炎による口臭ですが、そもそも逆流性食道炎とはどのような病気なのでしょうか?

 

ここでは「逆流性食道炎の症状とは?」「逆流性食道炎になってしまう原因は?」などについて詳しく説明していきます。

 

よくある症状

逆流性食道炎は胃液が常に逆流してくる病気で、放置しておくと「食道がん」にもつながってしまいかねない疾患だとされています!

 

以下の症状がみられれば、できるだけ早く専門機関にて検査をしてもらいましょう。

 

  • むねやけ
  • のどがつかえる感じがする
  • 食べものが飲みこみずらい
  • のどが沁みる
  • 酸っぱい胃液が逆流する
  • 咳が止まらない
  • 声がかすれてくる

 

逆流性食道炎を患っている多くの方が感じられているのは「むねやけ」です。

 

また、のどや口の中に「酸っぱい胃液」が逆流してくることも逆流性食道炎の方に見られる特徴!
この酸っぱい胃酸は「呑酸(どんさん)」といい、口臭の直接的な原因にもなっています。

 

逆流性食道炎になりやすい生活スタイルとは

逆流性食道炎は遺伝性も少なからずありますが、多くは「不規則な生活」や「ストレス」によって引き起こされるといっても過言ではありません。

 

  • ドカ食い
  • 高脂肪・高タンパクな食生活
  • アルコール摂取
  • 喫煙習慣
  • 腹部の締めつけ

 

これらの生活習慣はみな「下部食道括約筋」の機能低下につながったり、胃酸の分泌量が増えて逆流性食道炎を発症しやすくしてしまいます。

 

  • 規則正しい食生活
  • 脂肪分やたんぱく質・糖質の摂取は控えめにする
  • 休肝日は必ず作る
  • 禁煙する
  • 下着はできるだけゆったりとしたものを着用する

 

などといった工夫をしていくことで逆流性食道炎のリスクを減らし、きれいな息を目指しましょう!

 

逆流性食道炎による口臭対策|病院編

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

もしもあなたが「ひどい口臭」に加えて上記でご紹介した症状をすでに発症しているのなら、速やかに医療機関への受診をおすすめします!

 

ここでは逆流性食道炎による口臭が気になる方へ、病院の選び方や通院した場合に考えられる治療方法などをご紹介します。

 

胃腸科や消化器科の病院へ

まず逆流性食道炎は「食道」の疾患なので、「胃腸科」または「消化器科」への受診が望ましいでしょう。

 

総合病院には必ずといってもいいほど「消化器科」がありますので、受付で案内してもらうといいですよ!

 

ただ、大きな大学病院などでは患者が非常に多く「診察まで半日待ち」なんてこともざらなんだそう…。

 

その点、地域に根付いている「消化器クリニック」などは比較的待ち時間も少ないだけでなく、専門科としての技術ももちろん持ち合わせているので「内視鏡」から「がん検診」までも臨機応変に対応してくれるのだそうです。

 

逆流性食道炎が原因となって発生する口臭を、一刻でも早く何とかしたいと思うのは当たり前のことですが、その前に「きちんと治療して健康な身体を取り戻す」ということに集中した方がいいのかもしれませんね。

 

なぜならば、逆流性食道炎の完治はそのまま「口臭改善」にもつながっていくのですから…!

 

逆流性食道炎の一般的な治療法とは

医療機関へ受診をして、逆流性食道炎だった場合の治療方法の流れを説明します。

 

薬物療法

プロトンポンプインヒビター(PPI)とよばれる酸分泌抑制薬を使用し、胃酸による刺激を抑えることで胃本来の働きを取り戻します。
その他にも「上部食道括約筋」の働きをよくする漢方薬などを処方してもらう場合も。
逆流性食道炎のほとんどはこの薬物療法によって改善の兆しが現れるそうで、早い方だと数ヶ月で投薬の必要がなくなったなんてケースもありますよ!
出来るだけ早く病院を受診し、治療を開始させることが早期改善には大切になってきます。

 

手術

ごくごく稀にではありますが、薬物療法では症状の改善がみられない場合は胃を使用した手術が行われることも。
しかし「胃液の逆流を防ぐ」ために行われる手術には、患者の身体的ダメージや負担が大きく、あくまで最終手段としての選択肢になります。

 

逆流性食道炎による口臭対策|セルフ編

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

ここでは「自分でできる逆流性食道炎の予防対策」をお伝えしていくことにしましょう。

 

逆流性食道炎は、いくら薬を飲んでいるからといっても不規則な生活習慣などによって簡単に悪化や再発を繰り返してしまうものです。

 

ぜひここでご紹介する正しい生活習慣を身に付け、健康な身体を維持していってもらいたいと思います!

 

ストレスを溜めない工夫をする

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

適度なストレスは「モチベーションUP」「やる気UP」にもつながるとされていますが、過度なストレスとは万病の元といえるでしょう。

 

というのも、ストレスが溜まることによって「胃酸の分泌促進」「上部食道括約筋の機能低下」が引き起こされて症状をさらに悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

しかも、ストレスによって唾液分泌量は著しく低下して口臭をさらにきつくしてしまうんです!

 

できるだけ早く自分に合った「ストレス発散方法」を見つけ、実践していきたいですよね。

 

  • 趣味に没頭する時間を作る
  • 適度に運動をする
  • 新しい趣味を見つける
  • 自然に触れる
  • 自分に厳しくしすぎない

 

といったストレスと上手に発散する方法を日々の生活の中に取り入れるだけでなく、「無理矢理でもいいから笑う」「常に笑顔を心がける」というようにすれば、初めは形だけだった笑顔がいつしか本当の笑顔に変わっていくはずですよ!

 

栄養バランスの良い食事を心がける

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

脂っこい食べものや糖分の多い食事を摂取しすぎることでも「胃酸分泌促進」「上部食道括約筋の機能低下」は引き起こされてしまうもの。

 

日本で昔から伝えられている「まごはやさしい」の食事をベースに、栄養バランスを整えて身体の中から健康になれる努力をしていきたいものですね!

 

お酒を控える

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

お酒、とりわけアルコール度数の高いものを飲んだ後の胃の中では、ものすごい量の胃酸が分泌され始め、胃に負担をかけてしまう恐れも。

 

それだけでなくお酒が胃の中に入ると、脂肪を消化させる「コレシストキニン」というホルモンが分泌されて括約筋の働きを弱ませてしまうのです。

 

今現在、逆流性食道炎の症状は発症していなくても、お酒を毎日飲む人やアルコール度数の強いお酒が好きな人は注意してくださいね!

 

タバコを控える

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

「逆流性食道炎患者のほとんどが禁煙を進められる」といえるほど、医師の間では逆流性食道炎と喫煙のつながりを重視しているのだそう。

 

しかし、逆流性食道炎と喫煙の因果関係は未だにはっきりと証明されていないのが事実です…。
喫煙することが逆流性食道炎の発症につながるという科学的根拠こそありませんが、実際の医療現場では「タバコを吸わない人よりも喫煙者の方が逆流性食道炎になる」という可能性が高いことが分かっていますよ!
これは喫煙によって「胃酸の過剰分泌」による影響もありますが、タバコの中に含まれるニコチンなどの化学物質が食道粘膜に悪影響を及ぼしてしまうためだといわれています。

 

またタバコは粘膜の防護機能を低下させるので、逆流性食道炎を患っている人が喫煙を続けることによって「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」などの病気も引き起こしてしまいやすくなるといえるでしょう。
これらの観点から、喫煙習慣は唾液の分泌量低下を招いて口臭につながってしまうだけでなく、様々な病気も引き起こしてしまう恐れのある習慣といえます。¥

 

決まった時間に睡眠をとる

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

毎日決まった時間に寝ていますか?

 

決まった時間に眠ることで、人間の体内時計は整いやすくストレスにも負けない身体に導いてくれるものです。

 

22時までに就寝することによって「成長ホルモン」の分泌を促し、日中の活動で使ったエネルギーを効率よく充電して疲れを癒すことができるそう。

 

決まった時間に就寝するメリットとして大きいのが、「毎朝決まった時間に起きやすくなる」ということも挙げられるのではないでしょうか。

 

1日の始まりに朝日を浴びることは、体内時計を整えるために最も大切なことともいわれています!

 

基本的な生活習慣を正し体内リズムを整えれば、「ドカ食い防止」になるだけでなく「自律神経が正常に働く」ことにもつながってストレスに強い身体になれるはずですよ◎

 

自律神経が整えば、あらゆる病気を予防できるだけでなく「唾液分泌量促進効果」も期待できるので、口臭予防に直接つながってきます。

 

口臭原因が逆流性食道炎ではない時は

 

逆流性食道炎が口臭原因に?その理由と適切な対策とは	|口臭ラボ

 

いかがでしたでしょうか?

 

逆流性食道炎が原因の口臭とは、とっても臭くて耐えがたいものです。

 

しかし、逆流性食道炎でお悩みの方にとっては口臭以前に「むねやけ」「呑酸の逆流」といった症状にもお困りだと思います。

 

まずは消化器科への受診をして、詳しく検査をしてもらいましょう!
「逆流性食道炎ではないのに口臭がきついのはなぜ?」とお困りの方は、もしかして他に原因が潜んでいる可能性が…!
「腸内環境の悪化」や「胃の不調」、または「加齢臭」などによって口臭が引き起こされてしまうことも十分に考えられます。

 

そんなときは「身体の中の臭い成分をいい香りで包み込む」という、口臭サプリメントの使用がおすすめ!

 

口臭サプリメントには天然の芳香成分が豊富に配合されていて、愛用者の中には「口臭が気にならなくなった!」「口臭だけじゃなくて体臭までフローラルの香りになって最高!」「女としての自信を取り戻すことができた!」なんて多くの声が寄せられていますよ。

 

逆流性食道炎による口臭の場合は「消化器科で治療」を、そうでない場合には「口臭サプリメントの使用」で身体の中から臭い対策をしてみてくださいね♪

 

 

>>おすすめの口臭サプリはこちら!