ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

ストレスと口臭は密接な関係があることをご存知でしょうか。
ここではその原因と「ストレスからなる口臭」に適した口臭対策をご紹介しています。

 

ストレスからなる口臭の原因とは

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

ストレスと口臭は一見なんの関係もなさそうに思ってしまいますが、実はストレスによって唾液分泌量が低下し口臭を招いてしまうという深い関係があります。

 

ここでは「唾液の役割」や「なぜ唾液量が減ると口臭を発生させるのか?」について詳しく説明していきます。

 

唾液の働きとは?

 

唾液は口の中にある「唾液腺」というところから分泌されていますが、この唾液腺には「大唾液腺」「小唾液腺」の2種類のものが存在しています。

 

  • 大唾液腺…耳下腺、顎下腺、舌下腺
  • 小唾液腺…口唇腺、頬腺、舌腺、口蓋腺

 

上記のように口の中のいたるところに「唾液腺」は張り巡らされていて、全ての唾液腺から分泌される1日当たりの総唾液分泌量は「1〜1.5l」といわれていますが、唾液がどのように口内に影響を与えているのでしょうか?

 

唾液腺から分泌される唾液の特徴として挙げられる以下の項目は、口臭を予防するだけでなく口内環境を整えるために非常に重要な役割を担っています。

 

  • 口内の汚れや細菌を洗い流して口内環境を整える
  • 抗菌作用
  • 消化促進作用
  • 歯のエメラル質を修復する
  • 粘膜を保護する

 

このように唾液が口内に与える影響はとても大きく、唾液の分泌量低下はダイレクトに「虫歯」「歯周病」につながってしまいます。

 

口内に虫歯や歯周病菌がたくさんいる状態では、高い確率で口臭が発生してしまうといえるでしょう。

 

ここで一度、唾液分泌量低下の直接的な原因をまとめてみます。

 

唾液分泌量低下

口内に細菌やばい菌が繁殖

虫歯や歯周病が発生して口内環境が悪化

口内環境が悪化した結果、口臭が発生

 

 

ということは、「唾液分泌量の低下=口臭発生」と位置付けても決しておかしくはないということです!

 

口臭改善・予防のためには「唾液をしっかりと分泌させること」が鍵になってきますよ!

 

ストレスと口臭の関係性について

 

「唾液分泌量の低下=口臭」とお伝えしましたが、ではなぜストレスを感じることで口臭を発生させてしまうのでしょうか?「ストレス=口臭」の方程式は成り立つのでしょうか?

 

まず、人がストレスを感じると「自律神経が乱れがちになる」という話からしていきましょう。

 

ストレスや緊張によって自律神経が乱されると「唾液分泌量が低下する」ということが分かっていますが、これはストレスによって交感神経が優位になることが原因です。

 

自律神経にも「交感神経」と「副交感神経」という2種類の神経が存在し、その2つは相反する特徴を持ち合わせています。

 

  • 交感神経…身体が活動している、ストレスを感じている、緊張する、といったときに働く神経で主に日中はこの交感神経が優位。
  • 副交感神経…リラックスしているとき、食事中、睡眠中、などに働く神経で唾液の分泌を促進させ身体の回復をはかる。

 

この2つの自律神経のバランスが整っていると、健康的にも精神的にも状態のいい場合が多く唾液の分泌も正常に行われるのに対し、ストレスを感じている「交感神経優位」の状態が長ければ長いほど唾液が十分に分泌されにくく口臭につながりやすいというわけです。

 

ストレスによって自律神経が乱れ、唾液が十分に分泌されない結果「口内環境の悪化」「虫歯や歯周病」を引き起こして口臭を招いてしまいます!

 

このことを方程式に当てはめるとすれば、先ほどご説明した「唾液分泌量低下=口臭」に加えて「自律神経の乱れ=唾液分泌量低下」そして「唾液分泌量低下=口臭」という具合につながっていくでしょう。

 

ストレスを緩和させる口臭対策をしよう

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

唾液分泌量やストレスがどのように口臭に関わっているのか、だんだんとクリアになってきたことだと思います。

 

そこでここでは「口臭対策」としてできるストレス緩和方法をご紹介!

 

とにかく副交感神経を高めて「唾液分泌量を増やす」ことがポイントです!

 

9つの対処法はどれも口臭改善に効果的なものばかりなので、今日からさっそく実践してみてくださいね。

 

食事方法を変える

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

「暴飲暴食気味だ」「食事の時間が楽しくない」なんてことはありませんか?

 

本来なら食事の時間は副交感神経が優位になって唾液の分泌量が増えるときにも関わらず、上記のような環境や「食事時間が不規則」「1日1食しか食べない」なんて場合も副交感神経のリズムが乱れがちになってしまいます。

 

食事を見直すときにぜひ意識してもらいたい点を以下に挙げてみましょう。

 

  • 1日3食決まった時間に食べる
  • よく噛んで食べる
  • 食事の時間を楽しむ

 

忙しい日々の中、食事時間を毎日定めることは決して容易なことではないかもしれません。

 

ですが朝昼晩の食事時間をある程度整えることで1日のリズムが整い、「睡眠の質が向上する」「副交感神経が高まる」といったことにもつながります。

 

自分の生活リズムを考えながら、できる範囲で食事方法を整える努力をしてみてくださいね!

 

湯船に浸かる

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

湯船にゆっくりと浸かり、リラックスをすることで副交感神経を高めることが可能です!

 

副交感神経が働くためには「心を気持ち良い状態にすること」が最大のポイント!

 

  • キャンドルを燈しながら入浴する
  • ゆったりとした音楽を聞きながら湯船に浸かる
  • リラックス作用のあるアロマオイルを入れる

 

など、毎晩の入浴タイムを思いっきりリラックス空間に仕上げることで1日の疲れをリフレッシュ!

 

それまで交感神経優位であった身体が、スムーズに副交感神経へと切り替わる手伝いをしてくれます。

 

適度に運動をする

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

適度な運動をすることは血液循環をよくし気分をリフレッシュさせるためにとても有効です!

 

副交感神経を高める運動としておすすめなのは、断然「有酸素運動」!

 

規則的なリズム運動を一定時間続けることで、脳からは「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニン・ドーパミンといったホルモンが分泌されて幸せな気持ちにしてくれたり、ストレス解消にも効果が期待できるとされています!

 

  • ジョギング
  • ランニング
  • 水泳
  • ストレッチ

 

など、自分が「楽しんで行えること」が副交感神経を高めるためのポイントです!

 

「ちょっと疲れたかな…」なんて思ったら、1分でも2分でもいいので身体を動かしてみれば想像以上の爽快感に驚くはず。

 

ちなみに「幸せホルモン」と呼ばれているホルモンが分泌されるのは「運動を始めておよそ40分後」といわれているので、休日など時間に余裕があるときは時間を長めにとってゆっくり運動をしてみるのもいいですね。

 

安定した生活リズムを保つ

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

安定した生活リズムで日々生活していくことは、直接「自律神経を整える」習慣につながります。
人間とは本来「太陽と共に生活をする生き物」といっても過言ではありません。
「日中はしっかりと活動し、夜はゆったり身体と心を休める。」
この基本的な生活リズムの繰り返しが自律神経を整えやすく、交感神経と副交感神経の切り替えもスムーズに行っていける健康的な身体に近づけてくれます。

 

しかし忙しい現代社会では「不規則勤務」「夜勤」などによって、安定した生活リズムを保つことができない方も少なくありません。
不規則な生活をしている方の悩みに多くみられるのが「なかなか寝付けない」「寝てもすぐに目が覚めてしまう」「昼間に寝ても疲れが取れない」というものです。

 

質の良い睡眠を取ることは、自律神経失調症を患っている患者さんに対しても指導されるほど大切なこと。

 

  • アイマスクを使用して寝る
  • 寝室を徹底的に遮光する
  • 太陽光に当たる時間がない場合は「光目覚まし」を使用する
  • 睡眠前は入浴して眠気を誘う
  • 睡眠の2〜3時間前までに食事を終わらせる
  • 睡眠前のアルコールやカフェインを控える

 

などの対策を挑戦してできるだけ質の良い睡眠時間を確保することが、不規則な生活をしている方にはとても重要です。
睡眠の環境を整えてぐっすりと眠ることができるようになれば、身体や精神の回復もはかりやすいだけでなく「副交感神経を高める」ことにもつながっていきますよ!

 

冷房・暖房になるべく頼らない

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

自律神経を正常に機能させるためには「体温調整機能を使う」ということが大切です。

 

暑いときには発汗して体温を下げる、寒いときには体内で熱を溜めこむ、といった人間が本来持っている体温調整機能を使わずに生活を続けると、自律神経の働きはどんどん衰えていく一方。

 

エアコンに頼りっぱなしではなく、1日の内に「うちわや扇風機だけで過ごす時間」「こたつや湯たんぽを使用して身体を温める時間」を作って積極的に自分の力で体温調整をして自律神経を働かせましょう!

 

タバコを控える

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

タバコに含まれる多くの化学物質の中でも特に「ニコチン」の自律神経への影響は多大で、神経を興奮させてしまう働きがあります。

 

「タバコを吸うとリラックスできる」というのは副交感神経が働いていると思われがちですが、実は交感神経が緊張している状態。

 

交感神経が緊張していると「唾液の分泌量低下」「口内環境の悪化」につながってしまうことに加え、タバコに含まれるニコチンやタールがさらに口内環境を悪化させ「細菌繁殖促進「タバコ臭が口内にこびりつく」といった症状を引き起こしてしまいます。

 

また「喫煙者の口臭はきつい」とよくいわれるのは、細菌や虫歯などによる口臭と化学物質独特の臭いが混ざり合って耐え難い臭いを発生させてしまうためです。

 

お酒を控える

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

適量のお酒は副交感神経を高めてくれるともいわれていますが、「適量」には個人差が大きくどのくらいの量なら効果的なのかが分かりにくいですよね。

 

何か嫌なことがあったりストレスがかかったりしたときには、「お酒でも飲んで忘れたい!」と思う人も少なくないはず。

 

確かに適度に酔っぱらうことで気分が良くなり「ストレスが軽くなる」なんてケースもありますが、それでは一時的な場合が多くほとんどの場合は「ヤケ酒」の癖が付いて飲酒が習慣になってしまうものです。

 

するとお酒の量は次第に増えていき、肝臓に負担を与えてしまう場合も…。

 

一般的には「ビール大瓶1本」「日本酒2合」くらいが適量とはいわれていますが、自分の体調を見て慎重に決める必要があります。

 

いくら副交感神経を高めるといわれている飲酒でも、量を飲みすぎたり毎日飲んでいたのではかえって逆効果!

 

  • 楽しいお酒を飲む
  • 休肝日を必ず作る

 

といったルールをきちんと決めた上で、控えめにお酒を飲むようにしたいですね。

 

ガムや酸っぱいものを食べる

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

ストレス緩和には直接影響しないものの、ガムを噛んだり酸っぱいものを食べることで唾液分泌量を促進して口臭改善・予防につなげるという方法もあります。
「レモンや梅干し」を想像しただけで口の中にじわりと唾液が出てきた経験、きっと誰にでもあるのではないでしょうか。
酸っぱいものには「クエン酸」が多く含まれていて、唾液の分泌量を増加させてくれるだけでなく「歯に付いた歯垢を取り除いてくれる」「口内環境を整えてくれる」という嬉しい作用も!
食後やおやつには「パイナップル」「キュウイ」「パパイア」「オレンジ」といった酸味のあるフルーツを積極的に食べるようにしてみましょう。

 

またガムを噛むことで唾液腺を刺激して唾液分泌量増加も期待できるので、虫歯予防にも効果的とされている「キシリトール配合」のガムを選ぶと一石二鳥です!
食後にキシリトールガムを噛む習慣があるヨーロッパの国では、高齢者でも虫歯や歯周病になる確率が非常に高いのだそうですよ。

 

口臭サプリを飲む

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

こちらもストレス緩和には直接影響しませんが、口臭に悩んでいる多くの人が愛用していることで話題になっています。

 

口臭サプリとは、口臭の原因となる臭い成分を身体の中から改善していくことを目的に考えられたサプリメント!

 

そんなサプリメントだけあって、実際に飲んでいる人からは「口臭に変化がみられた!」「気になっていた口臭が弱まってきた!」という声がたくさん挙がっているだけでなく「体臭もなくなった!」なんて嬉しい声も。

 

それもそのはず、口臭サプリの多くは「乳酸菌配合」「薔薇の芳香成分配合」といった商品が目立ち、身体の中でくさい臭いを包み込んでいい香りに変えてくれるから。

 

  • どうしてもストレスを改善することができない
  • 忙しくて食生活に気を回せない
  • 不規則な生活習慣を正せない
  • だけど口臭を改善させたい

 

なんて方は、まずは気軽に始められる口臭サプリを試してみるのもいいですね!

 

多くのメーカーから発売されている口臭サプリの種類や期待できる効果は本当に様々なので、どれにしようか迷ってしまうはずですよ♪

 

ストレスを溜めない生活で綺麗な息を取り戻そう!

 

ストレスで口臭がひどい!?その原因と口臭対策9選 | 口臭ラボ

 

いかがでしたか?

 

ストレスによって交感神経が高まると唾液分泌量が低下し、口内環境を悪化させることで口臭が発生してしまうんでしたよね!

 

ここでご紹介した「副交感神経を高めるアイデア」は、唾液分泌を促し口臭改善に役立つだけでなく「健康的な身体作り」にも効果的なものばかり。
不規則な生活の毎日にも、なにかひとつは取り入れられるものがあったのではないかと思います。

 

「一気に生活習慣を変えよう!」と頑張りすぎてしまうと、かえってストレスになってしまい長く続かなくなるものです。
「毎日こつこつ、ちょっとづつ」を意識して、ゆっくりと生活リズムを整えられるように調節していきましょう!

 

「生活リズムを整える」ことで唾液分泌を促し、「口臭サプリを飲用する」ことでもっと早くスッキリ爽やかな息を手に入れてみませんか?

 

 

>>口臭サプリランキングおすすめ人気ベスト5!