歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

磨き残しでできてしまった歯石による口臭は、腐った卵や腐った玉ねぎのような悪臭がして強烈です!
そんなひどい口臭問題を抱えていた方の中には「歯医者で歯石除去したら口臭がなくなった!」という声が多く挙がります。
その治療とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

ここでは口臭の原因となる歯石の実態から、歯医者さんによる歯石治療について、さらには自分でできる予防対策術までを一挙ご紹介します。

 

歯石がなぜ口臭の原因になるのか

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯の表面や隙間に溜まった「固い石」のようなもの…それは「歯石」と呼ばれる、歯垢が石灰化してできた物質です。

 

ここでは歯石がなぜ口臭につながるのかについて詳しくご説明します。

 

歯垢が溜まりやすくなるから

 

もともと歯石とは歯垢が溜まって硬くなったもののことを指しますが、この歯石は「さらに歯垢を付着させやすくする」という特徴があります。

 

歯石は「でこぼこした岩」のように表面がざらざらしていて、歯磨きを念入りにしても歯垢が残ってしまいやすいのに加え、歯磨きだけでは取り除くことができないので歯医者に行って除去してもらう必要があります。

 

歯垢が溜まってしまいやすいということは、それだけ口内に細菌やばい菌が増殖することになるので、口臭を発生させやすいのは明らかですよね!

 

歯周病になりやすくなるから

 

歯石が溜まっていると歯垢が付きやすくなり、歯垢が付けば口内環境はさらに悪化して「虫歯」そして「歯周病」にもなりやすいといえるでしょう。

 

歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖して歯茎に感染・炎症を引き起こしてしまう病気です。

 

  • 歯茎が赤く腫れる
  • 歯磨きすると出血する
  • 歯茎がズキズキ痛む
  • 歯茎が下がって歯が長く見える
  • 歯茎を押すと膿が出る

 

という症状が見られれば、高い確率で歯周病になっているといえますよ。

 

「歯周病患者のほとんどがきつい口臭を発生している」といわれているほど、口内環境の悪化はダイレクトに口臭につながってしまいます。

 

膿ができやすくなるから

 

歯石が溜まることによる口内環境のさらなる悪化は歯周病を招き、果てには「歯槽膿漏」となって歯茎から膿が出るように…。

 

膿の臭いってただでさえ生臭くて、鼻をつまんでしまうような強烈なものですよね?

 

それが細菌・ばい菌のうようよいる口内の口臭と混ざれば、ものすごい臭いになってしまうことも考えられます。

 

歯医者さんで行う歯石除去・口臭対策とは

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

自身のブラッシングで取り除くことができる歯垢に比べ、歯石は歯医者の専門的な器具を使用しなければきれいに除去することができない厄介なもの。

 

歯石を取ってもらうために歯医者へ行く場合、どのような処置がなされるのでしょうか?

 

一般的に「口臭対策」として歯医者で行われている治療方法などをまとめてみました。

 

歯冠部の歯石除去

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯茎から出ている歯(歯冠部)の歯石を除去する場合、一般的には水をかけながら超音波スケーラーで除去されます。

 

歯冠部の歯石は外から見ても見える部分に付着しているため、歯茎の中の歯石除去に比べて比較的簡単だとされています。

 

軽度の歯周病であれば「歯冠部の歯石除去」と「毎日の正しいブラッシング」でほとんどの場合は改善に向かうことが多いでしょう。

 

歯周ポケットの歯石除去

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯と歯茎の間には誰にでも「歯周ポケット」と呼ばれる溝がありますが、健康的な歯茎の人では溝の深さが「1〜3mm」であるのに対して、歯周病の人は「4〜6mm」、重度になってくると「7mm以上」なんていうケースも!

 

歯医者ではこの歯周ポケットに溜まった歯石を専用の器具で除去してくれますが、その処置にはかなりの痛みを伴う場合が多く、麻酔を使用して治療するところがほとんどだそうです。

 

歯肉の歯石除去

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

重度の歯周病になってくると、歯周ポケットの奥深くまで歯石が溜まってしまいます。

 

これを除去するためには「フラップ手術」と呼ばれる、歯茎を切開して深部に溜まった歯石を取り除く外科手術が必要になってくる場合もあります。

 

このフラップ手術は歯茎を切開して溜まった歯石を徹底的に除去できることが最大の魅力ですが、切開の際に破壊された歯周組織も一緒に除去することで「歯茎が下がる」という術後のデメリットが。

 

フラップ手術は重度の歯周病にはとても有効な方法で、歯石除去後は歯周病の進行を一時的に止めることができます。

 

その間に「食事の見直し」「正しいブラッシング指導」などの適切な改善対策を進めることができ、効率よく口臭改善を行うことが可能です。

 

自分で行う口臭の予防方法とは

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

ここでは自分でできる、歯石を溜めない予防方法をご紹介します。

 

「歯石を溜めず、口内環境を整える」という日々の意識は口臭対策になによりも大切なことなんです!

 

柔らかい歯ブラシで1本1本丁寧に磨く

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

「硬い歯石を予防するためには、ハードな歯ブラシでゴシゴシ磨かなきゃ!」なんて思っていたとしたら、大きな勘違い!

 

歯石が溜まりやすい口内環境の人には「すでに炎症が引き起こされている」「歯磨きすると出血する」という方も少なくありません。

 

そんな繊細な口内に、刺激の強い歯ブラシを入れたら…歯茎がよけいに傷ついてしまったり、痛みの原因につながってしまう可能性もあるでしょう。

 

ですので、歯ブラシを選ぶときはできるだけ「柔らかいもの」をチョイスしてください。

 

そして正しい歯磨きのポイントは「歯を1本1本丁寧に磨く」ということ!

 

特に「歯と歯茎の間」「歯と歯の間」「歯並びが悪い部分」には歯石が溜まってしまいやすいので、鏡で確認しながら丁寧にブラッシングするように心がけたいですね。

 

デンタルフロス(歯間ブラシ)で歯垢を取る

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

どれだけ丁寧に歯磨きをしても、全ての汚れを除去できることはできないことをご存知ですか?

 

そこでぜひ使用していただきたいのが「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」といった+αのアイテムです。

 

デンタルフロスは「虫歯予防として」、歯間ブラシは「歯周病の改善に」効果が期待できるといわれています。

 

「口元への意識が別格に高い」とされるアメリカやヨーロッパなどでは、これら+αのアイテムが飛ぶように売れています。

 

ハリウッドの映画やアメリカのドラマでも「女性が食後にデンタルフロスを使用しているシーン」が日常的に映し出されているほど、+αのアイテムは口内の汚れをスッキリさせてくれる定番アイテム!

 

また歯間ブラシの歯垢除去率の高さには目を見張るものがあり、歯磨きだけでの歯石除去率が「60%程度」であったのに対し、歯磨きと歯間ブラシを組み合わせた場合の歯石除去率はなんと「95%以上」との報告もあるほどです。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを上手に使用して歯垢を徹底的に除去することは、「歯石の付着」「口臭の発生」を阻止してくれる心強いセルフケアになるといってもいいでしょう。

 

歯石除去だけでは消えない!その他口臭ケア

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯石をスッキリと除去できても、まだ口臭がくさい…なんて場合もあるようです。

 

ここでは「歯石以外」の口臭の原因に迫りつつ、改善策も一緒にご紹介していきたいと思います。

 

舌ブラシで舌苔除去

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

舌の表面にこびりついている白い苔のようなものの存在を知っていますか?

 

これは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる、口内の代謝物や細菌の塊が舌の突起に付着したものです。

 

この舌苔は誰の舌にも付着しているものですが、口内環境が悪化すると「異常に舌苔が増える」という特徴があります。

 

  • ドライマウス
  • 喫煙習慣
  • コーヒーを良く飲む

 

などの習慣がある場合、通常よりも舌苔が付きやすくなっている可能性が高いでしょう。
そんなときは「舌専用ブラシ」で、舌の表面にこびりついた汚れを優しく除去することも口臭予防に効果的といわれています。

 

ただ、この舌ケアは行いすぎるとかえって「舌苔を増やす」ことにもつながる場合があるので、「1日1回」を目安に力を入れすぎないよう行うことが大切です。

 

マウスウォッシュで口内殺菌

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

食後や口内のべたつきが気になるときには、殺菌作用のあるマウスウォッシュの使用もおすすめです。

 

市販されているマウスウォッシュのタイプは大きく分けて「アルコールタイプ」「ノンアルコールタイプ」の2種類があり、好みに応じて選ぶことができるので飽きがきません。

 

「強い爽快感を求める」という方にはアルコール入りのマウスウォッシュを、「薬品の味が苦手」という方にはノンアルコールがいいでしょう。

 

最近では携帯に便利な「ミニボトルタイプ」もコンビニ・ドラッグストアなどで入手可能なので、ポーチの中に1つ常備しておけば必ず重宝するはず!

 

キシリトールガムで唾液を出す

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

ガムを噛んで顎を動かすことで唾液腺が刺激され、唾液の分泌が促されます。

 

甘いガムやフーゼンガムなども唾液を分泌させるためには効果的ですが、口内環境を整えるためにも断然「キシリトールガム」をおすすめします!
キシリトール配合のガムを食後に噛む習慣のあるヨーロッパ圏の人は、若い世代だけでなく高齢者も虫歯になりにくいという事実が。
キシリトールは唾液分泌量を促進して細菌を殺菌する働きもあるため、「虫歯になりにくい口内環境にしてくれる」という効果が期待できますよ!

 

そしてキシリトールガムを選ぶ際に注意してもらいたいのが「キシリトール成分の含有率」です。
メーカーによってキシリトールの含有率は異なり、「キシリトール100%」のものから「50%」「10%」と様々です。
国際的には「キシリトール50%以上」が推奨されているので、購入の際は表記をチェックしましょう!

 

マウスピースで歯並びを整える

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

透明のマウスピースを歯に装着して歯並びをゆっくりと矯正していく「マウスピース矯正」なら、従来のワイヤー矯正に比べて目立ちにくく、取り外しも自分でできる手軽さが人気の秘訣です。
マウスピースで歯並びを矯正する人は年々増加傾向にあり、2015年度には全世界で350万人を超えるほどの勢いなんです!

 

矯正完了までにかかる期間や料金も従来のワイヤー矯正とほとんど同じなので、矯正を考えている方は「目立ちにくい」「脱着可能」というマウスピース矯正がいいかもしれませんね!
マウスピースで歯並びを整えれば、毎日の歯磨きも楽になり歯垢も溜まりにくくなりますよ。

 

歯石除去することによってこんなメリットが

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯石を除去すると、口内にはどのような変化がみられるのでしょうか?

 

歯石除去することによって得られるメリットを3つご紹介します。

 

歯周病予防ができる

 

歯石がある部分には歯垢が付きやすくなってしまうため、どうしても細菌が繁殖して歯周病の原因になってしまいます。

 

しかし、歯石をきれいに取り除くことで歯の表面はつるつるになり、歯垢が付着しにくくなり歯周病予防にも効果が期待できます!

 

歯茎が腫れにくく出血しにくくなる

 

歯石に付着した歯垢や細菌・ばい菌が歯茎に感染してしまうとどうなるのでしょうか?

 

  • 歯茎が赤く腫れる
  • 歯磨き時に出血する

 

といった、歯周病につながってしまう恐れも十分に考えられます!

 

しかし歯石を除去することで歯と歯茎の境目に細菌・ばい菌が繁殖しにくくなり、その結果上記のような不快な口内症状が改善されるように。

 

歯が白っぽくなる

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

歯石をよくよく見てみると、なんとその色は「黄色っぽい色」をしていることが大半です。

 

歯石が歯の表面にべったりと付着している場合、それは歯本来の色ではなく「歯石によって黄ばんでいる」と考えてもいいほど。

 

歯石を除去することで黄ばみの原因が取れ、歯本来の白さが現れるので「なんか歯が白くなった!」という嬉しい結果にも。

 

歯石以外の口臭原因

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

今回の記事では「歯石と口臭の関係」についてご説明していますが、口臭の原因になり得るものは歯石以外にも複数存在しています。

 

ここでは「歯石以外の口臭発生原因」を大きく3つに分けてご紹介します。

 

生理的口臭

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

生理的口臭と呼ばれているのは、口の中を不衛生にした結果によって引き起こされる口臭です。

 

  • 唾液不足による口臭
  • 舌苔が原因の口臭
  • 食べカスや汚れによる口臭

 

上記は生理的口臭の代表的なものですが、どれも「唾液分泌量を高める」「オーラルケアを入念に行う」といったセルフケアで改善することができるタイプの口臭です。

 

病的口臭

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

口の中に口臭の原因がある生理的口臭とは異なり、身体の中に口臭の原因があるものを「病的口臭」と呼んでいます。

 

病的口臭の特徴としては「口臭が異常にきつい」「口臭以外にも具合の悪い部分がある」という、口臭+疾患が重なり合っているケース。

 

  • 耳鼻科疾患(副鼻腔炎)
  • 胃腸疾患(胃潰瘍・胃炎・十二指腸潰瘍)
  • 肝臓機能障害
  • 腎臓機能障害
  • 糖尿病

 

体内の臓器に何らかの疾患が起こり、消化不良や代謝障害を引き起こすことで「体内に口臭の元となる臭い成分が発生してしまう」ということが口臭の直接的な原因になっています。

 

疾患の種類によって「おしっこくさい口臭」「うんちくさい口臭」「硫黄くさい口臭」「酸っぱい腐敗臭」など、口臭の臭いに差が出てくることも病的口臭の特徴のひとつといえます。

 

セルフケアで改善することができる生理的口臭に比べ、病的口臭の場合は医療機関で原因を突き止め、治癒しない限り口臭を改善することは難しいのが現状です。

 

心理的口臭

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

心理的口臭とは実際の口臭の有無は関係なく、「自分は口臭がきついのではないか?」「周りから嫌われているのではないか?」などと心配して精神的に病んでいる症状のことです。
本当はそんなに気になるレベルの口臭でなくても、口臭について考えれば考えるほど悩めば悩むほどストレスや不安は募っていく一方ですよね。

 

そして、そのストレスは「唾液分泌量低下」を招いて本当の口臭につなげてしまう恐れも考えられます!

 

「自分の口臭が気になる…」という方は、口臭チェッカー等を使用してまずは自分の口臭レベルを客観的に測定してみては?
数値的にも問題がないようであれば、あまり敏感になって気にしすぎてしまうとかえって逆効果ですよ。

 

歯石除去で口臭にさよなら!

 

歯石除去で口臭がなくなった?臭いの原因と歯医者・自己対策術とは

 

いかがでしたか?

 

歯石除去のポイントは「できるだけ早い段階で歯医者へ行くこと」です!

 

歯石の石灰化が進めば進むほど歯石は硬くなって、最悪の場合切開手術になる可能性も…!

 

歯医者での歯石除去に合わせて「日々のオーラルケア」「口臭サプリメントの使用」などを行うことで、歯石を付着しにくくきれいでスッキリとした息美人を目指しましょう!

 

 

>>口臭サプリのおすすめランキングにもどる!