口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方 | 口臭ラボ

 

歯を綺麗にしているのに口臭がひどい人…
舌も正しくケアができていますか?
舌のケアは口臭の原因に多い舌苔(ぜったい)と呼ばれる汚れを除去するために行なうもので、口臭対策には欠かすことはできません。

 

ここでは正しい舌苔の除去方法をお教えします。

 

そもそも舌苔とは

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

舌の表面にこびりついている白っぽい苔のようなものの正体…それは「舌苔」と呼ばれている細菌や口内の代謝物の塊。

 

舌苔が口臭を引き起こしている原因であるとはなんとなく分かっていても、舌苔のことを詳しく知っている方はそう多くありません。

 

そこで、ここでは「舌苔ってどんなもの?」「舌苔と口臭との関係性は?」などと合わせて「なぜ舌苔はできるのか?」にも焦点を当てお話をしていきたいと思います。

 

舌苔の症状

舌苔は口臭を引き起こしてしまう原因になるものではありますが、実は誰の舌の表面にも付着しているものなんです。

 

通常の量の舌苔が口臭に影響を与えないのに対し、口内環境が悪化することで舌苔の量が異常に増加してしまった場合、きつい口臭を発生させてしまいます。

 

「舌苔が異常に増加している状態」とは、以下の特徴がみられますので参考にしてくださいね。

 

  • 舌の表面の色が全体的に濃い色をしている
  • 舌の表面に色が濃い凹凸のある物質がある
  • 舌のピンク色が隠れてしまうくらいの量がこびりついている

 

舌苔が異常に増加すると、ひどい口臭だけでなく「味覚を感じにくくなる」なんて症状も現れやすくなる傾向が。

 

舌苔ができる原因

舌苔ができる一番大きな原因としては「口内を不衛生な状態にすること」が挙げられます。

 

というのも、舌苔の正体とは「細菌の死骸」や「口内の代謝物」「食べカス」といったものなので、口内環境が不衛生になればなるほど舌苔は増えていってしまうからです。

 

  • 不十分な歯磨き
  • 舌の運動機能の低下
  • 唾液分泌量が足りない

 

また、口呼吸で乾燥した口内には汚れがこびりつきやすくなるため舌苔もどんどん増加してしまいますし、舌の運動機能が低下してしまう睡眠中は舌苔が増えてしまいやすいです。
朝起きたときに口臭がきついと感じるのは、このためだったんですね!

 

なぜ舌苔があると口臭がするのか

 

「生臭い口臭」「ドブ臭い口臭」などに共通していることは、その臭いの元が「硫化水素」という物質からなっているということ。

 

そしてこの硫化水素は、舌苔が細菌の働きによって腐敗していく過程で発生するものです。

 

つまり、舌苔があるほど口臭の原因となっている硫化水素を大量発生させてしまうというわけ。

 

「舌苔の量=口臭の強さ」といっても過言ではありませんね!

 

口臭対策に舌ブラシは逆効果!?その真相とは

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

「舌苔を除去するためには舌ブラシを使用すること」とよくいわれますが、舌ブラシで本当に口臭対策ができるのでしょうか?

 

ここでは舌ブラシの効果的な使用方法や、舌ブラシのデメリットについてまとめました!

 

舌ブラシのデメリット

舌ブラシは舌の表面に付着した舌苔を簡単に除去できるアイテムとして人気が高まっている反面、正しい使用方法を守らなければ思ってもみなかった病気を引き起こしてしまう恐れも!

 

舌苔を早く除去したいとの一心で、ついつい「力任せにゴシゴシこする」なんて使い方をしてしまった場合、舌の表面の正常な組織もそぎ落として味覚障害を引き起こしてしまうともいわれています。

 

正しい舌ブラシの使い方

「舌ブラシ」と一言でいっても、「ブラシタイプ」「ヘラタイプ」「スポンジタイプ」といった様々な種類のものがあります。

 

それぞれの種類によって特性は異なりますが、「ヘラタイプ」「ブラシタイプ」のものは一般的にみても舌苔の除去力が高いようです。

 

効果的な舌ブラシの使用方法
  1. 鏡に舌を映し出し、舌苔の位置を確認する。
  2. 奥の方に舌ブラシをそっと置く(おえっとならない程度に)。
  3. 奥から手前に優しくブラシを引き、舌苔を除去する。
  4. 舌ブラシに付いた舌苔を水で洗い流し、除去を2〜3回繰り返す。
  5. 使用後の舌ブラシはきれいに洗って乾燥させる。

 

舌苔除去がうまくできたかどうかの確認は、舌の色で判断するようにしましょう。

 

  • 舌がきれいなピンク色になった。
  • 舌苔は付いているが、薄白い色になった。

 

上記のように「舌本来のピンク色」が感じられれば舌苔の除去は完了です!

 

舌ブラシの使用頻度としては、多くても「1日に1回」程度に留めるようにして、舌の組織に刺激を与えすぎないようにするのがポイント。

 

また、舌ブラシを使用する最も効果的な時間帯は「朝、起床してすぐ」です。

 

起床後は日中よりも口の中がべたつきやすく口臭もきつくなってしまいがちですが、これは寝ている間に「唾液分泌量低下」や「舌の運動機能低下」が原因で口内が乾燥し、舌苔が増えていることで引き起こされている症状なんです。
朝起きてすぐに歯磨きと舌ブラシを行えば、一晩かけてためられた舌苔もスッキリきれいに除去できますよ♪
舌ブラシは基本的に繰り返し使用することが可能ですが、よく洗って乾燥させないと「細菌が繁殖・増殖」してしまう可能性があるため、できれば使い捨てか短期間での使用が望ましいでしょう。

 

舌苔による口臭の予防法とは

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

舌苔による口臭を予防するために必要なことは、「徹底的に口内環境を整えること」といえます。

 

口内環境を整えて唾液分泌量を増加させ、舌苔がたまりにくいお口を目指していこうではありませんか!

 

丁寧に歯磨き・舌磨きをする

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

口臭対策の基本中の基本ともいえる「歯磨きを丁寧にすること」は、実は以外と徹底されていないものです。

 

  • 歯1本1本を丁寧に磨く
  • ヘッドの小さな歯ブラシを使用する
  • 歯磨き後に舌ブラシやデンタルフロスなどを使用する
  • 歯医者で定期的に歯のクリーニングを行う

 

このような日々の努力こそ、口内環境を清潔に保って舌苔が異常にたまってしまうことを防いでくれることにつながります。

 

歯磨きは1日2〜3回行うのが最も「口内環境を整える」とされているので、朝昼晩の歯ブラシを習慣づけたいですね!

 

食事はよく噛んで食べる

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

食べものを「噛む」ということは、唾液を分泌させるための動きであることをご存知ですか?

 

舌苔が増える原因として「唾液分泌量が少ない」ということが挙げられていますが、流動食を食べている人の舌の上にはびっしりと舌苔がたまっているそうです。

 

これは流動食によって「噛む」という動きが省かれた結果、唾液の分泌量が急激に減少して口内環境が悪化したため。

 

このように「唾液で口内が潤わされている」ということは、舌苔が異常に溜まってしまうことを防ぐだけでなく口臭予防にも深く関係しています。

 

食事のときは「唾液の分泌を促すチャンス!」と思い、よく噛んで食べるようにしましょうね!

 

乳酸菌を意識的に摂る

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

口臭の原因になる細菌を殺して口臭改善に効果が期待できるとされるのは「LS1」と呼ばれる乳酸菌です!

 

この乳酸菌はなんと!歯周病の原因になるともいわれている「ジンバリス菌」を殺してくれるというのです。

 

その効果の高さゆえ「ヨーグルト歯磨き」といって、歯磨き粉の代わりにヨーグルトをブラシに付けて歯を磨く方法も編み出されるほど!

 

ヨーグルトが苦手な方は「乳酸菌入りのサプリメント」などでも代用可能なので、試してみられては?

 

こまめに水を飲む

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

こまめに水を飲むことで体内の水分量が保たれ、唾液の分泌量を促進させます。

 

唾液の1日の総分泌量をご存知でしょうか?

 

なんと、驚きの「1〜1.5l」もの量の唾液が日々口内で分泌されているんです!

 

この唾液の分泌源はもちろん「体内の水分」ですので、身体が水分不足を起こしていてはいくらよく噛んで食事をしたとしても唾液は十分に分泌されません。

 

唾液1日当たりの総分泌量から計算して、少なくとも「1日1l」は水を飲んで体内の水分量を確保しましょう!

 

たくさん会話をする

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

たくさん会話をすることで得られるメリットは、「唾液腺が刺激される」ということです。

 

耳下〜顎の周辺には「大唾液腺」といって、唾液を分泌させるスポットが集中しているため、たくさん会話をすることによって顎が動き唾液腺が活発になって唾液の分泌を促進してくれます。

 

口呼吸を控える

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

口呼吸は口臭の直接的な原因になってしまうほど、口内環境を荒らしてしまう厄介なものです!

 

口呼吸によって口内が乾燥すれば、細菌が繁殖しやすく舌苔も付着してしまいやすいですよね?

 

できるだけ口呼吸の習慣を改めて、鼻から呼吸ができるように意識をして生活してみましょう。

 

「鼻が詰まって口呼吸になってしまう」場合には、鼻詰まりの根本原因を突き止めるために耳鼻科への受診をおすすめしますし、「歯並びのせいで口が開いてしまう」なんて方は歯の矯正も視野に入れた方がいいかも!

 

いびき対策をする

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

いびきをかいてしまう方の多くは「口呼吸」になっているものなので、いびき対策をすることが結果的に口臭対策にもつながっていきますよ。

 

  • 寝具の見直し
  • お酒を控える
  • 禁煙する
  • マウスピースを着用する
  • 手術を行う

 

一言に「いびき」といっても、その原因は様々です。

 

「口臭が気になる…」「いびきもすごい…」という方は、もしかしたらいびきが原因で口臭が引き起こされているのかも!

 

いびき改善のために病院へ足を運ぶときは「耳鼻科」「耳鼻咽喉科」へ行くといいですよ。

 

適度に運動をする

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

適度に運動をすることで自律神経が整い、唾液の分泌を促進してくれるという嬉しい効果が期待できます。

 

おすすめの運動としては「ウォーキング」「ジョギング」などの有酸素運動ですが、自分が楽しんで行うことができるものならなんでもOKです。

 

ちなみに、有酸素運動を30〜45分程度継続して行うことで「幸せホルモン」と呼ばれるホルモンが脳内に分泌されるのですが、この幸せホルモンはストレスに負けない身体に導いてくれるだけでなく、前向きな感情にもしてくれるとされているので自律神経が乱れがちな方には特におすすめですよ!

 

タバコやお酒を極力控える

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

タバコを吸った後やお酒を飲んだ後に「のどが渇いたな〜!」なんて感じることはありませんか?

 

これはタバコやお酒に含まれる成分が「唾液の分泌量を低下させる」という働きをしてしまっているせいなんです。

 

タバコにはニコチンやタールといった化学物質が口内に影響を及ぼしますし、お酒は利尿作用を促進して唾液の分泌を抑制させます。

 

これらの嗜好品は依存性が高く、止めようと思ってもなかなか思い通りにいかないことも少なくありません。

 

最近では「禁煙外来」「アルコール外来」などといった医療機関の充実も広がりつつありますので、どうしても止められないという方は一度受診をされるのもひとつの方法ですよ!

 

ストレスを溜めない生活を送る

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

「ストレスや緊張を感じてのどがからっから!」という経験はきっと誰にでもあることだと思います。

 

このように、人は過度なストレスを感じたり緊張状態が続くと自律神経の働きが乱れて唾液の分泌を抑制させてしまうという特性があります。

 

  • 自分なりのストレス発散方法を見つける
  • 考えすぎないようにする
  • 趣味を見つける
  • 海に行く
  • 自分へのご褒美習慣を付ける

 

等々、ストレスと上手く付き合っていけるようなライフスタイルを見つけることが重要です!

 

いい舌苔と悪い舌苔がある!?

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

先ほどもお伝えしましたが、舌苔とは「誰でも」あるものです。

 

ただ、舌苔が正常範囲内である人は口臭に影響しないのに対し、舌苔が異常発生している場合は高い確率で悪臭を放っています。

 

そこで今一度「いい舌苔」と「悪い舌苔」についておさらいしてみましょう!

 

いい舌苔の特徴

  • 薄っすらと白い状態の舌苔
  • 舌のピンク色が透けて見える

 

悪い舌苔の特徴

  • 舌のピンク色が隠れてしまうほど厚くなっている舌苔
  • 濃い白〜黄色の色をした舌苔
  • 舌の表面に固まった塊が付着している

 

口臭を発生させてしまうほどの舌苔は、舌本来の「ピンク色」がほとんど見えていない状態なので比較的見分けやすいと思います。

 

「舌に白いものが付いている!」なんて驚いているあなた、それはいい舌苔ですか?悪い舌苔ですか?

 

きちんと見分けて適切な対処ができるようにしていきましょうね!

 

舌苔を綺麗にしても口臭がなくならないことも

 

口臭の原因は舌!舌苔(ぜったい)ができる理由と正しい取り方|口臭ラボ

 

舌苔が異常にたまってしまうことで引き起こされる口臭…でも、「舌苔を除去したのにまだ臭い!」なんて場合もあることでしょう。

 

口内を清潔にしているのにも関わらず、引き続き口臭が発生している場合は「胃腸の不調」によって引き起こされている口臭かも知れません!

 

「不規則な食生活」「食の欧米化」などによって腸内環境が乱れると、なんと「口臭がうんち臭い!」「体臭からうんちの臭いが!」なんてことになってしまうようです。

 

身体の中から臭い成分が発生している場合、「身体の中にある臭い源を解消する方法」が最も効果的だといわれています。

 

腸内環境を整えるべく「ヨーグルトを毎日食べる」「食生活を見直す」「規則正しい生活をする」といった、基本的な生活習慣をもう一度見つめ直す必要があるといえるでしょう。

 

ただ、忙しい現代社会…努力したくてもできない人も少なくはありませんよね。

 

そんな方におすすめなのが「サプリメント」を飲用して身体の中から臭い物質をやっつける方法です!
最近のサプリメントには「乳酸菌配合」「芳香成分配合」といった口臭改善に役立つ成分が配合されているものが多くみられます。
サプリメントを飲むだけできつい口臭の原因を身体の中から解決してくれるだけでなく、「腸内環境が整う」「肌荒れが気にならなくなった」等の二次的効果も期待出来ちゃいますよ◎

 

多種多様な効果が期待できるだけでなく、お値段も手の届きやすいものが多いのでどのサプリメントにしようか迷ってしまうほどですよ!
舌苔を除去しても口臭が改善されない場合、こうしたサプリメントの飲用も考えてみられるといいのではないでしょうか♪

 

 

>>気になる口臭におすすめ口臭サプリはこちら!