親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

  • 抜歯する予定はないけど、親知らずの口臭対策が知りたい
  • 抜歯した後のドブ臭い口臭をどうにかしたい

 

ここではそんな方々に向けて、親知らずによる口臭の原因と対策をお伝えします。

 

なぜ親知らずが口臭の原因になってしまうのか

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

「きちんと歯磨きをしているはずなのに口臭が気になる…」なんて方の原因はもしかしたら親知らずにあるのかもしれません。

 

さっそく「親知らずがあるとなぜ口臭を招いてしまうのか?」「親知らずは口内にどのような影響を及ぼすのか?」について詳しくみていきましょう。

 

食べカスがたまっているから

親知らずのほとんどは「斜めに生えている」「一部が歯茎の中に埋もれている」という状況であることが多く、一番奥に生えていることによって歯ブラシの毛先が届きにくく食べカスがたまりやすいのです。

 

食べカスが歯や歯茎の間にたまっていれば、それをエサに細菌が繁殖して口臭の元になる「悪臭ガス」を発生させてしまいますよね!

 

このガスこそが口臭の原因とされているので、「磨きにくい」「汚れを除去しにくい」といった特徴のある親知らずは、「口臭が発生しやすい口内環境を作る」といえるでしょう。

 

親知らずが(または周りの歯が)虫歯だから

「親知らずは食べカスがたまりやすい」と先ほどお伝えしましたが、実は食べカスがたまりやすい歯は親知らずだけではありません。

 

「親知らず周辺の歯」は、親知らずの影響を受けて「歯垢が溜まりやすい」「磨きにくい」ものです。

 

特に親知らずがすでに虫歯になっている場合、周辺の歯へも虫歯菌は繁殖してしまいます。

 

歯周病だから

「歯垢が溜まりやすい」「磨きにくい」といった特徴のある親知らずは、もちろん虫歯になりやすく歯周病を招いてしまうことも…。

 

歯周病とは歯と歯茎の間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝に細菌が入り込み、感染・炎症を引き起こしてしまう病気です。
親知らずの多くは「一部分が歯茎の中に埋もれている」状況であるため、歯と歯茎の間に細菌が入り込みやすく炎症を引き起こしてしまいます。

 

歯周病になるとどうしても口内の細菌が増殖してしまい、口臭の原因となる悪性ガスの排出につながります。

 

膿があるから

親知らずはその不衛生になってしまいやすい生え方・位置から、「膿がたまりやすい」ともいえるでしょう。
食べカスやたまった歯垢が原因で細菌が炎症し、さらにそれを放置することで症状がどんどん悪化して膿がたまってしまいます。

 

膿がたまるようになると、ほとんどの場合では歯茎が赤く腫れて歯ブラシが少し当たっただけでも痛みを伴うように。
そうすると余計にブラッシングがしにくくなり、さらに症状を悪化させてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうケースも珍しくありません。

 

当然、口内に膿があるということは「細菌の増殖」「悪臭ガス発生」とも重なるので、きつい口臭発生はもはや避けられないのかもしれませんね。

 

日常生活でできる親知らずの口臭対策

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

「磨きにくい」「すぐ食べカスがたまる」などといったケアしにくい親知らずに、なにか有効な対策はないのでしょうか?

 

ここでは自宅ですぐにできる、簡単な日常ケアをご紹介します。ぜひ日々の習慣に取り入れてみてくださいね。

 

デンタルフロスを使った歯磨きをする

 

一番奥にある親知らずを通常の歯ブラシで磨くには、少々無理があるといっても過言ではありません。

 

それを証明するかのように、ドラッグストアやスーパーなどでも「デンタルフロス」「歯間ブラシ」といった「歯磨きでは除去しきれない汚れを取るためのアイテム」が販売されています。

 

歯ブラシで1本1本の歯を丁寧に磨いた後は、デンタルフロスで歯と歯の間や歯と歯茎の間に残った汚れを掻きだしましょう!

 

「一部分歯茎の中に埋もれている」という親知らずのタイプには、「タフトブラシ」と呼ばれる小さな三角形の歯ブラシで磨くことをおすすめします。

 

タフトブラシの使用開始直後は「痛い」「出血する」といった症状がみられますが、これは歯茎が細菌に感染して炎症を起こしているため。

 

親知らずの徹底ブラッシングを継続していくうちに、歯垢や細菌が取り除かれきゅっと引き締まった健康的な歯茎に戻っていくと出血も治まる場合が多いので、挫けずに使用を続けてみてくださいね。

 

キシリトールガムを噛む

 

「食後にキシリトールガムを噛む」という習慣のあるヨーロッパの国では、子供も大人も虫歯になりにくいという報告が!

 

これはキシリトール成分が「細菌の繁殖を抑制する」「口内環境を整える」という働きをしてくれるだけでなく、ガムを噛むことで唾液腺が刺激されて唾液分泌量が増加することも一因となっています。

 

唾液には「口内の細菌を洗い流す」「除菌作用」などの働きがあり、口内環境を整えて虫歯をできにくく口臭を消臭してくれたりもします。
キシリトールガムを噛むことで有効成分を口内に広げ、唾液の分泌を促して口臭を防ぎましょう!

 

また、キシリトールガムには「キシリトール含有率100%」「50%」「10%以下」などと様々なタイプのものが存在しています。
口内環境を整えて口臭を改善・予防するためには「含有率50%以上」のガムを選んで、賢く口臭対策を行ってくださいね。

 

規則正しい生活を心がける

 

「寝不足のときに限って親知らずが痛む」「体調不良のときによく歯茎が腫れる」といった経験はありませんか?
私たちの身体と口内環境とは実に密接に関わり合っていて、体調が悪いときや免疫力が低下していると「歯茎が腫れる」「歯が痛む」なんてこともしばしば。

 

逆に虫歯が悪化すると発熱してしまったりすることからも、身体と口内は深く結びついていることがお分かりいただけるのではないでしょうか?
親知らずの上から覆いかぶさっている歯茎は、身体からくる影響を受けやすい部分であることも分かっています。

 

  • 規則正しい生活を心がける
  • 栄養バランスのよい食生活を意識する
  • 適度にストレス発散する
  • 運動してリフレッシュできる時間を設ける

 

といった具合に、日常生活を正していくことで身体のリズムや神経系のバランスを正常化し、健康的な身体を目指すことは「唾液分泌量の促進」「免疫力UP」など口臭につながるメリットもたくさんですよ。

 

歯医者で行なう親知らずの口臭対策

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

先ほどは「自分でできる」セルフケア対策をご紹介しましたが、今度は「歯医者で行う口臭対策」をお伝えしていきましょう。

 

定期クリーニング

汚れが溜まってしまいやすい親知らずには、デンタルフロスや専門ブラシを使用しての日常ケアも大切ですが、一番確実に汚れを除去できる方法は「歯医者でのクリーニング」になります!

 

専用器具でしっかり汚れを除去してもらえるので、自分では手の届かない親知らず周辺のクリーニングにも最適です。

 

歯医者でのクリーニングは「歯石・歯垢の除去」「ステイン除去」「ブラッシング指導」などを総合的に行うことで、口内を清潔に整え虫歯のできにくい環境にすることが目的とされています。
各歯科医院によって名称は異なりますが、一般的に「審美歯科」「虫歯予防外来」と呼ばれているところが多く、保険の適応外である場合も少なくありません。
保険の適応外になってしまう場合、全て自費となるので1回のクリーニングは「5.000〜20.000円」と高額になってしまうケースが。

 

「歯のクリーニングをお願いしたいのですが、保険は適応されますか?金額はいくらですか?」など、初めに確認をしておくと安心ですよ。
海外の女性などは「3ヶ月に1度の定期クリーニング」が定着しているほど、クリーニングは汚れを除去して口内を整えてくれるもの。
歯医者で定期的にメンテナンスを行えば、きっときれいな息に自信が持てるようになっていくことでしょう!

 

抜歯

親知らずの生えている方向によっては「今すぐ抜歯をした方がいい」と判断されることも少なくありません。

 

  • 親知らずが斜めや横に生えている
  • 親知らずが手前の歯を強く押している
  • 親知らずの周りに嚢胞ができている
  • 親知らずのかみ合う相手がいない
  • 親知らずが虫歯になっている

 

上記のような場合、抜歯をせずに親知らずを残しておくことで「細菌のさらなる増殖」「歯周病の発生」「歯並びの悪化」「痛みや腫れが引き起こされる」などといったデメリットが懸念されるため、できるだけ早く抜歯をする方がいいとされています。

 

「親知らず周辺に痛みを感じる」「親知らず周辺の歯茎が腫れる」等の症状が一度でも現れた経験のある方は、歯医者で検査をしてもらうといいですよ。

 

親知らずを抜歯した後の口臭原因とは

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

やっとの思いで親知らずを抜いたと思ったら、今度は「強烈な口臭」という悲劇が待ち構えているのだそうです…。

 

ここでは「親知らずを抜歯したほぼ全ての人に起こる!」とされている、きつい口臭の原因を突き止めていきたいと思います!

 

穴に食べカスが詰まっているから

 

親知らず抜歯後のきつい口臭の原因の多くはこの「食べカス」によるものだといわれています。
親知らずの抜歯方法では「歯茎の切開」が一般的ですが、抜歯後はもちろん糸で切開した歯茎を縫い合わせますよね。
その縫合した部分の隙間に食べカスが詰まり、細菌が繁殖してしまうことが抜歯後の口臭につながっています。

 

それに抜歯後の患部は腫れているし、痛みも強いためなかなか自分でブラッシングができませんよね?
そんなことも縫合部分に食べカスがたまって細菌が増殖してしまう原因の一部になっているのでしょう。

 

「抜歯部分の腫れや痛み、きつい臭いがなかなか改善されない!」なんて場合は別の感染症を発症してしまっているケースもあるので、不安になったらすぐに歯医者へ相談に向かった方がよさそうです。

 

傷から出た血が膿になったから

 

通常、親知らず抜歯後の患部から出る血はかさぶたのように固まっていくものですが、何らかの影響で血が固まらずに膿となって出続けるケースも少なくありません。

 

膿の臭いは誰でも生臭いものなので、その臭いが縫合部分に詰まった食べカスの臭いと混ざってものすごい悪臭を引き起こしてしまうことも!

 

縫合糸が臭うから

 

親知らず抜歯後の縫合時に使用される糸に食べ物や歯垢が付着し、細菌を増殖させて口臭を引き起こしてしまうパターンもあります。

 

親知らず抜歯後の口内には「深い傷口」ができている状態なので、口臭が気になるからといって縫合部分をゴシゴシ磨きあげることは絶対におすすめできません

 

無理をして歯磨きなどのケアを行ってしまうことで「傷口の悪化」「感染症を引き起こす」といったことにもつながってしまうため、抜糸が終わるまでは「仕方がない」と割り切ることも必要ですよ!

 

細菌が繁殖しているから

 

親知らずを抜いた直後の患部はとってもデリケートで、ほんの少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

 

もちろん「出血」「腫れ」「膿が出る」といった症状も起こってくるため、どうしても患部に細菌が溜まり繁殖してしまいやすくなります。
抜歯直後は誰でも上記のような症状がみられるものですが、2〜3週間たっても症状が改善されない場合は細菌のさらなる繁殖の可能性が!
歯医者へ行くと「痛み止めの処方」「幹部の消毒」「精密検査」など、適切な処置を行ってもらえるので、炎症が長引いたときは必ず通院するようにしましょう。

 

親知らず抜歯後の口臭対策・注意点

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

「マスクを2枚重ねても口臭が臭ってしまう…」というくらいに強烈な抜歯後の口臭ですが、気になるのはその改善方法ですよね!

 

ここでは抜歯後の口臭を少しでも軽減できるような対策や、抜歯後の注意点についても触れていきます。

 

過剰なうがいや歯磨きはしない

 

口臭が気になるからといって「こまめなうがい」「過剰な歯磨き」は、術後で敏感になっている口内をさらに刺激して傷付けてしまう恐れが!
過剰なオーラルケアを行うよりも規則正しい生活を心がけて免疫力を上げ、傷口が1日も早く良くなるよう努力をした方が賢明です。

 

また、唾液には消臭効果に加えて免疫力も備わっているため「傷口を癒す」「口臭を緩和させる」という役割も担っています。

 

  • ガムを噛む(傷口に支障のない程度に)
  • 顎を動かす
  • 酸っぱいものを食べる
  • こまめに水を飲む

 

というような、唾液分泌量を促進させる対策を進んで取り入れてみてはどうでしょうか?

 

歯医者さんでクリーニング

 

「どうしても臭いに耐えられない!」という方は、歯医者で患部をクリーニングしてもらうといいでしょう。

 

歯医者でのクリーニングは「傷口の状態に合わせた適切な処置をしてもらえる」という最大の魅力はあるものの、抜歯後1〜2ヶ月の間はどうしても口臭が発生するものなので、口臭を完全になくすことは難しいと心得ておいたほうが良さよう。

 

ただ、歯医者でのクリーニングはお口の中の掃除と一緒に「抜歯後の傷口チェック」も行ってもらえるので、「傷口の経過が気になってしょうがない」「心配症だ」なんて方はかかりつけの歯科医院へGO!

 

タブレットやガム、マスクでごまかす

 

親知らず抜歯後の口臭は、何をどう頑張っても避けることができません!

 

歯茎を切開して、大きな歯を引っこ抜いているのですから「出血」「化膿」に伴う口臭が引き起こって当たり前なんです。

 

一般的には1〜2ヶ月ほど我慢すれば、抜歯が原因の口臭は気にならなくなってくるとされていますので、その間はなんとかして臭いをごまかすことを徹底してみては。

 

  • タブレットをこまめに食べる
  • ガムを噛む
  • マスクを重ねて着用する
  • マスクの中にアロマオイルを垂らす

 

などなど、傷口が完治するまではあの手この手で口臭を紛らわせてくださいね!

 

親知らず以外の口臭が原因!?

 

親知らずが原因の口臭対策とは|抜歯していない歯・抜歯後の歯|抜歯していない歯・抜歯後の歯 | 口臭ラボ

 

いかがでしたか?

 

親知らずは抜いても抜かなくても、口臭につながる要素たっぷりでしたね!

 

「親知らずはないのに口臭が気になる…」「抜歯後半年経過しているのにまだ臭う…」なんて方は、実は親知らずではなく「他の口臭原因」が眠っているのかもしれません!

 

「口内環境の悪化」「虫歯」などによる、口の中で発生している口臭原因には「歯磨きの徹底」「歯医者での治療」が効果的ですが、身体の中に口臭原因がある場合は「口臭サプリメントの飲用」が手軽でおすすめです♪

 

まずは「自分の口臭原因は親知らずからなのか?」「それとも身体の中に原因があるのか?」を総合的に判断し、一刻も早く息スッキリ女子を目指しましょう!

 

 

口臭サプリランキングに戻る!