口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

  • 喉の奥に違和感がある
  • くしゃみをすると白い物体が出てくる
  • 口臭がドブ臭い
  • 歯を綺麗にしても口臭がひどい

 

これこそまさに臭い玉による口臭と考えてよいでしょう。
では、臭い玉は一体どのようなメカニズムで作られて、口臭を起こすのでしょうか。
原因から対策までをまとめました。

 

臭い玉(膿栓)とは

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

膿栓とは、喉の奥にある扁桃の表面にある「腺窩」と呼ばれる小さな穴に、細菌の塊や食物残渣などがたまることにより形成される物質です。

 

非常に強い悪臭を放つことから「臭い玉」とも呼ばれている膿栓ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

 

症状・見た目

 

臭い玉の大きさは一般的に直径3〜5mm程度であり、色は乳白色や薄黄色です。
「ドブのような臭い」とされている非常に強い悪臭を放つのが特徴的で、咳やくしゃみをした瞬間にその臭い玉が口の中から飛び出してしまうことも…。

 

この臭い玉自体が人体に悪影響を及ぼしてしまうわけではありませんが、口腔内に臭い玉があると「のどに違和感を感じる」「何かがこびりついたような感じがする」といった症状を感じてしまうことが多いようです。

 

どんな臭い?

 

臭い玉の臭いは通称「ドブ臭」ともいわれていて、下水道が逆流したような、肥溜めのような臭いを放ってしまうとされています。

 

臭い玉は膿栓という名の通り「膿」ですのでとても生臭く、また喉に侵入してきた歯周病菌や大腸菌などの菌・白血球の死骸・食べカスなどと交ざり合い固まってしまいます。

 

様々な菌や残留物の発酵したものが臭いを発生させているのですから、臭い玉がドブの臭いを発生させてしまうのも当たり前といえますよね。

 

臭い玉が病気のサインであることも

 

「のどに細菌が侵入してくる」ことが、臭い玉ができてしまう直接的な原因です。

 

しかし一言に「細菌が侵入してくる」とはいっても、のどに細菌が繁殖するには様々な原因が考えられ「実は臭い玉が病気のサインだった」なんてケースも否定できません!

 

たかが臭い玉、されど臭い玉です。

 

臭い玉ができたときには口臭の改善対策を行う以前に、その裏に潜んでいる病気を疑ってみることも大切ですよ。

 

臭い玉ができてしまう原因

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

「のどに細菌が繁殖するには様々な原因が考えられる」と先ほどお伝えしましたが、具体的にどういった原因が考えられるのでしょうか?

 

ここでは臭い玉ができてしまう主な原因をご紹介します。

 

口呼吸によるドライマウス

 

一般的に人間は「鼻呼吸」をするのが好ましいとされていますが、様々な理由によって鼻呼吸ができず口呼吸になってしまう方も少なくありません。

 

口呼吸になってしまうと口内は乾燥しやすくなり、細菌の繁殖を増加させて口内環境を悪化させてしまいます。

 

口内環境が悪化した口の中には細菌やばい菌がたくさんで、それが扁桃に詰まって臭い玉になってしまうものです。

 

「口呼吸=口内乾燥=細菌増加=臭い玉発生」と覚えておくといいでしょう。

 

  • 耳鼻科疾患
  • 蓄膿症
  • 慢性的に鼻が詰まる

 

といった耳鼻科疾患を抱えている方も「口呼吸」になりやすく、口内を乾燥させて唾液の分泌量低下を促進させてしまいます。

 

「きちんと歯磨きをしているのに口臭がひどい」「歯周病はないのに口臭が気になる」なんて症状に加えて鼻が詰まっているのであれば、臭い玉による口臭の可能性が高いですよ!

 

臭い玉の有無を自分で確認できない場合、耳鼻科に行けばすぐに確認してもらうことができるので、気になる方は耳鼻科へ受診をしてみるのもアリ。

 

臭い玉が口臭を招くのはなぜか

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

臭い玉は「膿栓」とも呼ばれている、「膿」であることを忘れてはいけません。
臭い玉が口内にあるということは、膿汁と呼ばれる膿も大量発生しているということです。

 

膿は生臭くてとても不快な臭いを発生させてしまいますよね?

 

そして臭い玉の中には「細菌」「食べカスの腐敗悪臭物質」なども混じりあっているため、膿の臭い+腐敗臭のWパンチでさらにくさい口臭を放ってしまうというわけ。

 

また、臭い玉が発生している口内に共通するのは「口内が不衛生である」ということ。

 

  • 歯磨きはしっかりと行っていますか?
  • 舌の表面に舌苔(ぜったい)は溜まっていませんか?
  • 糖分と摂りすぎていませんか?

 

虫歯になりやすい食生活は口内の細菌を増やしてしまうことに直結し、結果臭い玉の発生にもつながってしまうものです。

 

臭い玉の膿の臭いと口内で細菌が発生させる悪臭ガスこそがきつ〜い口臭を引き起こしている原因といえますよ!

 

口臭対策!臭い玉を上手に取る方法

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

ドブ臭を発してしまう臭い玉…何とかしてケアする方法を見つけたいところですよね!

 

ここでは「自分でできる対策」「医療機関で行う治療法」の2つの対策をご紹介します。

 

丸型洗浄ビンで水を押し当てる

 

数百円で手に入れることができる「丸型洗浄ビン」の使用は、セルフケアで臭い玉を取る一番最適な方法ともいわれているほど手軽でしっかり臭い玉を除去できるとして人気になっています。

 

丸型洗浄ビンはノズルが細長く狭い口内でも容易にのどの奥まで届くため、臭い玉にピンポイントで水をかけることが可能!

 

水を入れた丸型洗浄ビンを口内に入れ、臭い玉めがけて水を噴射し続けると水圧によって臭い玉がぽろっと取れるのだそうです。

 

始めは弱い水圧で、慣れてきたら少しづつ強く噴射してみるようにしましょう。

 

耳鼻咽喉科で除去する

 

臭い玉を安全に・確実に除去しようと思う場合、やはりおすすめなのは耳鼻咽喉科への受診です。保険も適応されるので、治療自体の料金は200円程度のところが多いでしょう。

 

耳鼻咽喉科で臭い玉を除去してもらう場合は、専用の器具を使用しての「洗浄・吸引」が主な治療方法に。

 

ただ、いくら耳鼻咽喉科で臭い玉の除去を行ったとしても、臭い玉とは繰り返しできるものなのでその都度耳鼻咽喉科へ受診をするのは少し億劫かもしれませんね。

 

何度も繰り返しできる臭い玉対策として、臭い玉の発生を予防するうがい薬などを処方してくれるところもあるみたいですよ!

 

おすすめできない臭い玉の取り方

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

臭い玉の除去方法は様々なものがありますが、ここでは「おすすめできない」危険な除去方法をご紹介します。

 

臭い玉をなんとかして取りたい一心で、間違った方法を行ってしまうと粘膜を傷つけてしまうことにもつながりかねませんよ!

 

綿棒で取る

 

「口を大きく開けると、のどの奥に白いぽつぽつが見える…」なんて方に多いのが、綿棒を使用して臭い玉を取る方法です。

 

綿棒で見えている臭い玉を押すだけなので、誰でも簡単にできると思いきや…そこには大きな落とし穴が!

 

臭い玉は「扁桃の表面の穴に埋まっている物質」とお伝えしましたが、目に見えている臭い玉だけでなく、実は小さな穴の中にも臭い玉が詰まっている可能性が高いのです。

 

綿棒で強く押したり刺激しすぎたりすると、せっかく除去しようと思った臭い玉が「穴の奥に入り込んでしまい取れなくなる」なんてケースも。

 

それにのどの奥は粘膜が薄いデリケートな部分なので、乾いた綿棒で刺激することによって「粘膜が傷つく」「出血する」といったデメリットが考えられます。

 

綿棒を使用した臭い玉除去方法は誰でも手軽に行える反面、のどに炎症を引き起こしてしまったなんて声も多く挙がっているのでできるだけ控えた方がいいでしょう。

 

注射器やシャワーの水圧で取る

 

注射器やシャワーの強い水圧を利用して除去する方法は、臭い玉が石灰化して硬くなってしまった場合に行うといいそうです。

 

注射器を選ぶときは口の中に入りやすいように「細長いタイプ」のものにすると失敗が少なくなりますよ。

 

また、シャワーの水圧を利用する場合はシャワーヘッドに水垢や汚れが付着していないか確認をし、初めはゆっくりとシャワーをするように心がけてください。

 

注射器でもシャワーでも、あまりに水圧が強いと取れた臭い玉を飲み込んでしまいやすくなるので注意しましょう。

 

くしゃみで取る

 

臭い玉は咳やくしゃみをしたときに自然に取れることもあるほど。

 

「耳鼻咽喉科に行くのが恥ずかしい…」「自分で取りたい」なんて方は、くしゃみが出そうになったら我慢せずに思いっきり「はっくしょーん!」と声を出せは、臭い玉も一緒に取れるかも知れません。

 

そのときは必ず手で口を押えることをお忘れなく!

 

再発防止!臭い玉による口臭予防法

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

臭い玉は「何度もできる」ことで有名です。

 

耳鼻咽喉科で除去してもらったりなんとか自分で除去できたとしても、またすぐ再発したのではがっかりしてしまいますよね。

 

そんなしつこく繰り返す臭い玉には、以下でおすすめする再発予防対策を試してみてみられませんか?

 

うがい薬でうがいをする

 

耳鼻咽喉科へ受診した際にも医師からアドバイスされる「ガラガラうがい」での臭い玉予防策。
実はうがいをすることで「臭い玉予防」になるばかりでなく、なんと「今ある臭い玉が取れる」という可能性もあるようです!

 

予防対策にもなって臭い玉も除去できるなんて、まさに一石二鳥ですよね♪
殺菌効果の高い「イソジン」を用いてうがいをすれば、口内を清潔に保つことにもつながるので臭い玉再発予防に最適です。

 

ちなみに、いくら臭い玉の予防対策をしたからといって、歯磨きを疎かにして「のどケア」ばかり行ってしまっては意味がありません。

 

歯磨きを含めて口腔内を清潔に保ってこそ、のどに細菌が繁殖することも防げるのですから!

 

鼻うがいをする

 

自分で食塩水を作り、鼻に流し込んで鼻腔内を洗浄するという方法もありますが、初めて挑戦する場合は市販で販売されている「鼻洗浄アイテム」を使用しての鼻うがいをおすすめします。

 

鼻うがいとは「鼻の中に洗浄液を入れてのどから排出する」方法ですが、鼻から入れた洗浄液がのどを通って排出される途中で臭い玉がある場所を通ることが、鼻うがいが臭い玉予防に効果的といわれている理由です。
この鼻うがいではのどだけでなく鼻腔も同時にケアすることができるため、鼻〜口にかけて総合的に細菌除去をすることができますよ。

 

また、鼻うがいで臭い玉を予防することができるのはもちろん、臭い玉除去効果も期待できるのでぜひ試してみてくださいね!

 

こまめに水分を取る

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

臭い玉ができる直接的な原因、覚えていますか?
非常に大切なことなので繰り返しお伝えしますが、臭い玉の原因は「口内が乾燥して細菌を繁殖させてしまうこと」です!

 

こまめに水分を取ることで体内の水分量を上げると、唾液の分泌量もしっかりと確保されますよね。
それだけでなく、こまめな水分補給は直接口内の乾燥を潤してくれる効果も期待できるのです!
水分補給に最適なのはなんといっても「水」に限ります!唾液の1日の総分泌量は1〜1.5lなので、できれば1l以上の水を飲むように心がけてください。

 

また、「コーヒー」「炭酸飲料」「糖分の入ったジュース」はどの摂取は唾液の分泌量を抑制して口内の乾燥を招いてしまうのでかえって逆効果になるので要注意です!

 

唾液腺マッサージをする

 

唾液腺を直接手や指で刺激することで唾液の分泌量を高めることができます。

 

唾液腺には大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)と小唾液腺(大唾液腺以外のもの)があり、唾液腺の刺激を利用して唾液分泌量を上げたい場合は「大唾液腺」をマッサージするといいでしょう。

 

耳の下〜顎周りにかけて、指で優しくマッサージするように刺激してみてください。きっと口内に唾液が分泌されていることを感じられるはず!

 

「食前のマッサージ」で消化をサポートしたり「なんだか口が乾燥してきたな…」なんてときにも、思い立ったときにいつでもどこでも行うことができるのが唾液腺マッサージです。

 

ぜひ日々の生活の中に賢く取り入れ、臭い玉再発に役立ててくださいね。

 

扁桃腺切除の手術をする

 

「扁桃腺切除手術」と聞くとなんだか怖くなってしまいますが、最近ではメスを使わずにレーザー光線を使用して扁桃を焼く方法が主流のようです。

 

全身麻酔をして行われるため切除時の痛みはありませんが、麻酔が切れた後の痛みはものすごい…との声も挙がっているのが事実。

 

それに加えて「手術費用20万円前後」「入院1週間程度」という金銭的・時間的な制限がかかってくるので、社会人として働いている場合はそう簡単に手術を受ける決心がつかなくて当たり前です。

 

しかし、臭い玉にずっと苦しめられていて実際に扁桃腺切除手術を行った人の中には「口臭がなくなった!」という人もいるので、痛みに耐えられて金銭的・時間的に余裕があれば手術も視野に入れてみてもいいかも。

 

まずは耳鼻咽喉科へ受診をして、医師に相談してみましょう。

 

臭い玉を除去しても口臭がする場合…

 

口臭の原因は臭い玉?臭い玉ができる原因と口臭対策 | 口臭ラボ

 

多くの耳鼻科医が口をそろえていうのは「臭い玉を除去するだけでは根本的な治癒にはならない」ということです!

 

口臭に悩んでいる人にとって「今ある臭い玉」を除去することも大切ですが、それと同時に臭い玉を作らないための対策も行う必要があるといえるでしょう。
また、「臭い玉を除去したばかりなのに口臭が消えない!」という方も実は少なくありません。
そんなときは「胃腸疾患」「肝臓機能障害」など、身体の中の疾患が原因で口臭につながっている場合も十分に考えられること。

 

虫歯や歯周病からくる口臭なら「歯科医で治療」を、耳鼻科疾患や臭い玉が原因なら「耳鼻科医で治療」、そして身体の中から発生する口臭には「口臭サプリメントで対策」がおすすめです。

 

それぞれの口臭原因に合った解決策を見つけ、一刻も早く「息くさ女子」から脱出してキラキラ輝く毎日を送りませんか♪

 

 

>>口臭サプリのおすすめランキングに戻る