寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

寝起きの口臭って相当臭いますよね。
前日にお酒を飲んだり、にんにく料理などを食べたりすると、とにかく強烈…
そんな強烈な口臭を持つのが自分の彼氏または彼女だったらどうでしょう。
かなり萎えます。
100年の恋も冷めてしまうかもしれませんね。

 

ここでは寝起きの口臭原因と予防・対策についてご紹介します。
日頃からしっかりケアができていると、突然のお泊まりがあっても安心ですよ。

 

寝起きの口臭、原因は?

 

食後は8時間で細菌が増える

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

口の中の細菌は、食後3時間から急激に増え始め、8時間になると最大量に増えます。
朝食・昼食後は、歯磨きや活発に分泌する唾液によって細菌の増殖を抑えることが出来ますが、夕食後は、一度は歯磨きをしたとしても、その後就寝してしまい、口内は細菌の増殖しやすい状態になります。
さらに、寝起きの頃が、細菌が最も増える時間と重なるため、口臭がひどくなってしまうのです。

 

唾液が少ないから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

唾液は、口の中の洗浄・殺菌作用があり、揮発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制します。このため、口臭を予防する効果があるのです。
しかし、就寝中は、唾液の分泌速度が低下するため、口の中が乾いてしまいます。殺菌作用が落ち、細菌が増殖、口臭がひどくなってしまうのです。

 

唾液の流れが悪くなったから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

就寝中は、起きている時よりも口の動きが少なく、唾液が流れにくくなります。
唾液の流れが良いときは、口の中の汚れや細菌が胃の中に流れやすくなりますが、口を動かさないことで唾液の流れが止まり、口内環境が悪化、口臭の原因となります。

 

歯周病だから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

歯周病は、歯の根元や骨を覆っている歯肉が、細菌によって炎症を起こすことで起こります。
初期段階では特に痛みなどもなく、つい放置してしまいがちですが、次第に歯茎の腫れや痛み、出血などの症状がみられるようになります。
悪化するとガスや膿が出続け、ひどい口臭を放つ原因にもなります。

 

虫歯があるから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

虫歯が深くなると歯が溶け、発酵して口臭が発生します。
本来、歯は硬いものですが、虫歯菌によって歯が溶かされてしまうのです。
また、虫歯が歯茎の下まで進行すると、虫歯によって歯茎のまわりが不潔になり、歯茎が腫れ、口臭が発生します。
さらに、虫歯が進行すると歯の神経が死に、腐敗し、悪臭を発することもあるのです。

 

親知らずがあるから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

親知らずやその周りは、歯磨きが難しい場所なので、食べかすが溜まったり、詰まったりしやすく、口臭の原因となる細菌を発生させてしまいます。
また、親知らずに歯茎が被さっている場合も、被っている歯茎の中に歯垢(プラーク)が溜まり、歯茎が腫れて臭い膿を出したりするので、口臭の原因となります。

 

口呼吸しているから

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

口呼吸をすると、乾燥した空気が直接口の中や喉、気管に入り込み、唾液が蒸発して、口内の唾液量が減少します。
そのため、唾液量が減り、口の中で細菌が繁殖しやすくなり、寝起きの強い口臭へとつながるのです。

 

夜にお手入れ、寝起き口臭の予防

 

食べ物・飲み物に注意

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

前日の食べ物やアルコールは、間違えなく翌朝の口臭に影響します。特に、強い臭いを発する食べものやアルコールは、胃からくる口臭の原因になります。
さらに、アルコールは、体から水分を奪い、口の中を乾燥させてしまいます。朝、口内がネバつき、口臭が強くなってしまうので、注意が必要です。

 

夜の歯磨きは入念に

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

口臭を防ぐためには、とにかく原因となる細菌の増殖を防ぐことが必要です。
そのためには、寝る前の歯磨きを出来るだけ念入りに行いましょう。
就寝前に念入りに歯磨きすることで、少しでも就寝時の口内環境の悪化を防ぐことが出来ます。

 

舌苔を取る

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

口臭予防のためには、舌磨きによる“舌苔”除去も必要です。
“舌苔”とは、舌の表面の角質が伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えることです。
口臭の主な成分の一つである硫化水素は舌苔に関連していると言われており、この舌苔を専用の歯ブラシを使って取り除くことで、口臭の原因の一つを取り除くことが出来るのです。

 

デンタルフロスで歯垢を取る

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

歯と歯の間には、口臭の原因となる細菌が多く潜んでいます。
これらの細菌は、歯ブラシだけで除去するのはなかなか難しいです。しっかりと汚れを落とすためにも、歯磨き後には必ずデンタルブラシを使用して、歯ブラシでは届かない歯間の側面や歯間下の歯茎に付いた歯垢を除去しましょう。

 

水分補給を多めに摂る

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

適度な水分補給は、口の中の乾燥を防ぎ、唾液分泌の促進を図ることが出来ます。
摂取の目安は一日1.2リットル。時間を決めて、食事や生理的要求時以外に飲むことがポイントです。

 

@朝
起床後、歯磨きの後に300tほど飲みましょう。これにより、唾液分泌が促進され、朝食もスムーズに摂ることが出来ます。
A日中空腹時
日中は食間の空腹時に飲みましょう。適した飲み物は、水・砂糖や炭酸を含まないスポーツドリンクなど。
お茶やウーロン茶は唾液の分泌を抑えるので不適切です。コーヒーも、飲むと口腔内のpHを低下させ、口腔内を酸性に傾かせるとともに、舌苔にも付着しやすいため、口臭が発生しやすくなるので不適切です。
特に空腹時のお茶とコーヒーは、口臭を強くする働きをします。

 

リラックスして寝る

 

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

あまり知られていませんが、自律神経の働きと唾液には深い関係があります。
緊張すると唾液分泌が減り、リラックス状態の時には唾液が出やすくなるのです。
就寝時もリラックスして寝ることにより、唾液分泌が増え、少しでも口内環境が良くなるわけです。

 

朝にお手入れ、口臭対策

 

マウスウォッシュを使う

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

マウスウォッシュは、汚れを洗い流し、嫌な臭いの元を吸着・除去します。細菌が増えている朝に使うと効果的です。
マウスウォッシュ前には、歯磨きや舌磨きで、歯垢や舌苔を除去しておくことをおススメします。
マウスウォッシュの効果時間は、唾液がマウスウォッシュの成分を洗い流してしまうので、意外に短く、5分から10分くらいですが、マウスウォッシュを使用することで、細菌が増えるのを抑えることが出来れば、口臭を抑える時間を長くすることが出来ます。

 

キシリトールガムを噛む

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

キシリトールは、虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑える働きがあり、唾液の分泌を促進させることで口内の細菌が繁殖するのを抑えてくれます。
また、噛むという行為自体も唾液の分泌を促すので、ダブルの効果で口臭予防に有効的です。

 

唾液腺マッサージを行なう

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

唾液量を増やす唾液腺マッサージも口臭改善に効果的です。
唾液腺周辺をマッサージすることは、口臭原因の一つであるドライマウスの改善に役立ちます。
唾液腺には大唾液腺と小唾液腺がありますが、唾液腺マッサージとは、主に大唾液腺と呼ばれる3つの唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)をマッサージで刺激することです。
耳下腺はサラサラした漿液性(しょうえきせい)唾液を分泌します。顎下腺と舌下線は、舌の裏側からサラサラした唾液とネバネバした粘液性唾液を混ぜて分泌します。
漿液性唾液はリラックスしている時に分泌されるのですが、粘液性唾液は緊張時など交感神経が優位に働いている時に多く分泌されます。
口臭に悩む人は、通常、ネバネバした唾液が分泌されていると考えられます。

 

@耳下腺マッサージ
耳下腺は、耳の前の頬部に位置します。
人差し指から小指の4本の指を頬に当て、頬骨の下から顎のラインの間を、円を描くように前へ向かって10〜20回転マッサージします。力を入れ過ぎず、気持ち良い程度に圧をかけるのがポイントです。

 

A顎下腺マッサージ
顎下腺は、下顎のラインの内側あたりにあります。
エラより少し前方の、顎ラインの内側の柔らかいところからアゴ下までを指で刺激していきます。じんわりと唾液が出てくるまで、10〜20回くらい行いましょう。

 

B舌下腺マッサージ
舌下腺は、舌の真下あたりにあります。
こぶしを握り親指を立て、あごの骨の内側あたりに親指を当てます。
ちょうど舌の真下くらいの場所を、親指の腹で上方向へ10〜20回程度、突き上げるように刺激しましょう。

 

口周りをよく動かす

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

普段から口まわりを動かして、唇の周囲を取り囲む筋肉『口輪筋』を鍛えましょう。
口輪筋が弱くなると、唇をしっかり閉じていられなくなり、口で呼吸をするようになったりします。このため、唾液が蒸発して口の中が乾燥するようになり、口臭に影響を及ぼすのです。
「口まわりトレーニング」を心がけ、意識的に口を動かすようにして、顔まわりの筋肉を刺激し、唾液の分泌を増やすようにしましょう。

 

寝起きの口臭、日頃からのケアが大切!

 

寝起きの口臭が気になる!臭いの原因と予防・対策 | 口臭ラボ

 

朝の口の中のネバつきや口臭、気になりますよね。
しかし、就寝中は、唾液分泌が少なく、口内の細菌が増加するため、寝起きの口臭が一日のうちで最も強くなるのは、ある意味仕方がないことなのです。

 

ただ、それを知った上で、日頃から口内環境の改善を心がけたり、前日からの対策や朝の対策を行えば、必ず口臭は改善します。
そのためにも、きちんと寝起き口臭の原因を知り、日頃のケアに取り組みましょう!

 

 

>>おすすめ口臭サプリランキングに戻る!