【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

 

頑固な口臭でも一瞬ですっきりさせてくれるマウスウォッシュ。
しかし、いざ薬局に行くと種類が沢山あってどれが良いのか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、口臭対策におすすめマウスウォッシュをランキング形式で7つご紹介します!

 

選び方や正しい使い方もお伝えしますね!

 

マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング!

 

ゴッソトリノ

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

画像出典:ゴッソトリノ公式サイト

 

10種類もの天然成分を含んだゴッソトリノは、低刺激で身体に優しく植物由来のチカラで口臭をすっきりさせます。
マウスウォッシュなので即効性はもちろんですが、他のマウスウォッシュと違うところは「続けば続けるほど効果が出やすい」ということ。
口臭は一時的にカバーできたらOK!ということではなく、できることなら一生口臭に悩まないようにしたいですよね。
ゴッソチリノのケアを長く続けることで、そうした効果的な口臭対策を叶えることができますよ。

 

さらに嬉しいのがゴッソトリノは使い切りができる小分けタイプであるということ。
携帯に最適、人との接近前にささっとエチケットできます!

 

口臭ラボおすすめの購入方法【最安値】

 

通常価格
4,400円
↓↓↓
初回定期価格
1,380円(税抜)!送料無料!

 

>>詳細はこちら

 

ナタデウォッシュ

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

画像出典:ナタデウォッシュ公式サイト

 

テレビや雑誌など数多くのメディアに取り上げられているナタデウォッシュ。
もちろん医薬部外品で累計200万本突破、支持率95.2%という驚異的な実績を誇っています。
ナタマメやスイカズラエキス、レモンエキスなどのすっきり成分で歯や舌などをクリーンにして爽快!
ベーシックなミントだけでなくバラタイプの「バラデウォッシュ」と、刺激強めの「ナタデウォッシュ クールミントタイプ」も人気です。

 

口臭ラボおすすめの購入方法【最安値】

 

2本 通常価格
5,670円
↓↓↓
1本あたり 2,160円(税込)
(セット価格4,320円)送料無料!

 

白馬毛を使ったKENT歯ブラシや水なしでOKな口臭サプリメントなどのプレゼントがあります!

 

>>詳細はこちら

 

薬用 リステイン トータルケア

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

画像出典:リステリン公式サイト

 

市販マウスウォッシュではお馴染みのリステイン。
アルコールは強め、甘めの飲み口からピリピリと辛い風味が広がります。
好みは分かれますが、慣れてくると他のマウスウォッシュだと物足りなさを感じてしまうでしょう。
就寝前にリステリンケアをすると、朝口のネバネバがなくて快適です。

 

口臭ラボおすすめの購入方法

 

1本 1000ml
参考価格 1,000円前後
↓↓↓
930円でおまけ付き
(歯ブラシor同じリステリンの100ml)

 

>>詳細はこちら

 

コンクールF 薬用マウスウォッシュ 洗口液

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

画像出典:コンクール公式サイト

 

歯医者さんでも売られており、オーソドックスな歯磨き粉を薄めたような味。
刺激の少ないマウスウォッシュなので歯茎に痛みを感じることなく、ほのかにすっきりできます。
水で薄めて使用する希釈タイプで、他のマウスウォッシュよりもコンパクト!
置き場所に困らす持ち運びにも便利です。

 

口臭ラボおすすめの購入方法

 

1本 100ml
参考価格 1,080円
↓↓↓
900円

 

>>詳細はこちら

 

ジェクス ラクレッシュ L8020

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

画像出典:JEX ONLINE

 

広島大学歯学部と共同開発して作られたマウスウォッシュ。
アップルミント味でアルコールを含まない低刺激タイプです。
L8020とは虫歯になったことがない子供が持っている乳酸菌のことで、継続して取り入れることで虫歯予防や歯周病予防に◎

 

口臭ラボおすすめの購入方法

 

1本 300ml
参考価格 1,070円
↓↓↓
660円

 

>>詳細はこちら

 

マウスウォッシュの種類・選び方は?

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

 

これまでおすすめのマウスウォッシュをご紹介しましたが、マウスウォッシュは目的・悩みに応じて選ぶ必要があります。
自分に合うマウスウォッシュの選び方を理解し、効果的なオーラルケアをしましょう。

 

口臭予防におすすめのマウスウォッシュ

 

マウスウォッシュを使っている人で多い悩みは口臭。
習慣的なエチケットや、食後やタバコを吸った後の息をカバーするのにマウスウォッシュは心強い存在ですよね。
そんな方は即効性のあるアルコール入りのマウスウォッシュを選ぶと良いでしょう。
多少でも酸性が強い刺激があるもの方が唾液も出やすくなり、においを招きやすいドライマウスを防ぐこともできます。

 

虫歯や歯周病予防におすすめのマウスウォッシュ

 

虫歯や歯周を防ぐには悪い細菌をやっつけたり、抗菌して歯のエナメル質を守るなどの働きが必要になります。
ですから、抗菌力を謳っているような低刺激タイプ・フッ素タイプ・オーガニックタイプなどのマウスウォッシュを選ぶようにしましょう。
もちろんマウスウォッシュだけでなく、歯ブラシや糸ようじなどのケアも大切ですよ。

 

マウスウォッシュの正しい使い方

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

 

マウスウォッシュを正しく選んでも、使い方が誤っていると意味がありません。
きれいさっぱりできるよう、使い方のコツをお教えします。

 

使うタイミングは歯磨きの後

「ある程度マウスウォッシュで汚れを流してから、歯磨きしたい」という方もいますが、歯磨きの後にマウスウォッシュをした方が、マウスウォッシュの殺菌・抗菌力が発揮しやすくなります。
また、舌の上の汚れ舌苔(ぜったい)も口臭の原因になるので、歯磨き→舌専用のブラシで舌磨き→マウスウォッシュという順でケアしましょう。

 

歯磨き代わりにしない

「朝は忙しいから歯磨きしたくない」「今晩は疲れているからマウスウォッシュだけで済まそう」とマウスウォッシュを歯磨き代わりに使うのはNG。
歯にこびりついた歯垢や隙間に挟まった食べカスなどは、歯磨きや糸ようじなどを使わないと落としきれません。
マウスウォッシュは歯磨きと併用で行き届いたケアをすることで、悩みを解消させやすくします。

 

マウスウォッシュ後のすすぎはNG

マウスウォッシュを使った後にピリピリして痛いからと、水ですすいでしまうと、味だけでなくせっかくのマウスウォッシュの成分が落ちてしまいます。
すすぐことはせず、口の中に成分を留めておくようにしましょう。

 

口内炎や歯茎の炎症などがある場合は使わない

殺菌力があるとはいえ、口内炎や歯茎の炎症、出血があるような傷には不適切です。
また、風邪を拗らせていたり、免疫が落ちている時にマウスウォッシュを使うと、いつも使っているものでもその時の身体にとって刺激が強すぎてしまい、口内トラブルを招きかねません。
そのような時は使用を控えるようにしましょう。

 

おすすめのマウスウォッシュで歯も息も美しく!

 

【最強】マウスウォッシュおすすめ人気比較ランキング&使い方のコツ | 口臭ラボ

 

数あるマウスウォッシュの中でも特に優れている5つの商品をご紹介しました!
マウスウォッシュで口の健康を守りましょう!

 

>>TOPへ戻る