子供の口臭って何?6つの原因と親のやるべき予防・対策とは

子供の口臭って何?6つの原因と親のやるべき予防・対策とは | 口臭ラボ

 

愛する我が子の口臭がひどい…!
そんな悩みに犯されているママは決してあなただけではないので安心してくださいね。

 

「周りの子たちに嫌われるんじゃないか」
「何か病気にでもかかってしまったのではないか」
と不安で不安でたまりませんでしょうが、子供の口臭にはいくつかの原因が考えられ、それにあった対策もきちんとあります。

 

ぜひこの記事を読んで不快感をなくし、一緒に笑顔で過ごせる毎日を取り戻してくださいね。

子供の口臭の原因とは

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

細胞自体もまだまだ活発で外見・内面共に若々しさが溢れている子供時代。
そんな「錆びついていない」はずの年代でも、実は口臭って発生してしまうんです!

 

ここでは子供の口臭になり得る原因を6つご紹介。あなたのお子さんはどのタイプに当てはまりますか?

 

口呼吸

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

人間は本来、鼻で呼吸をするのが自然なのですが、口周りの筋肉が発達していなかったり歯並びが悪くて口がうまく閉じられなかったりすると、どうしても「ポカン」と口が開いた状態になり口呼吸につながってしまいます。

 

口呼吸になってしまうと口の中が常に外気にさらされている状況になるので、口の中が乾きやすくなり細菌も繁殖しやすくなります。

 

もちろん、細菌がうようよいる口の中は不衛生できつい口臭にもつながってしまうというわけ!

 

歯磨き不足

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

お子さんは歯磨きをきちんと行っていますか?
歯磨きをする回数が少なかったり、歯磨きをしていても汚れが落としきれていない場合などは「虫歯・歯周病」になってしまう可能性が!
虫歯ができることによって、口の中には細菌やばい菌が増加してしまいますよね。

 

また、歯茎が腫れたり膿が溜まったりする「歯周病」は悪化すると「歯槽膿漏」となって、かなりきつい口臭を発生させてしまいます。
そして歯槽膿漏をさらに悪化させてしまうと、最終的には歯が抜け落ちてしまうことだってあるほどなんです!
口臭改善のためだけでなく、子供の大切な歯を守るためにも徹底した歯磨き習慣を身に付けさせたいところですね。

 

耳鼻科疾患

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

副鼻腔炎(蓄膿症)や風邪による影響が子供の口臭に関係していることも。
副鼻腔炎は鼻の奥にどろっとした膿が溜まる病気です。もちろん膿なので生臭い匂いがしますし、鼻詰まりなども同時に引き起こしてしまいやすいため「口呼吸」になりやすく、結果口臭につながってしまいます。

 

また風邪をひくと口臭がきつくなりやすいのですが、これは風邪をひいたことによって「免疫力の低下」「風邪薬によって唾液の分泌量が抑えられる」「口呼吸になりやすい」といったことが直接口臭の原因になっています。
特に乳児期〜幼児期にかけては鼻と耳・口をつなぐ管が大人の形状とは異なるため、耳鼻科疾患になりやすいといえます。

 

胃腸科疾患

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

胃炎・胃潰瘍だけでなく、十二指腸潰瘍や逆流性食道炎などによっても口臭は発生してしまうものです。
胃腸疾患を患うと消化不良を引き起こしやすく、胃の中で消化しきれなかった食べ物は発酵することで呼吸と共に臭いを出してしまいます。

 

子供がこれらの胃腸疾患になってしまう原因として挙げられるのは「強いストレス」や「ウィルス性の風邪」ともいわれていますので、普段の生活の中で大人がしっかりと予防策を考えてあげて欲しいと思います。

 

食べ物による一時的な口臭

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

にんにく・ニラ・らっきょうなどの強烈な臭いを発生させてしまう食べ物を摂取した後は、どうしても口臭として周りに臭いを感じさせてしまうものです。

 

にんにくなどの臭いがきつい食材に含まれている臭い成分は、食べかすとなって口の中に残り口臭を発生させるだけでなく、なんとその臭い成分は「血液の中に溶け込み全身を巡る」という特徴も合わせ持っているので驚きです!

 

全身に回った臭い成分は、「肺を通して呼吸から」「毛穴を通して体臭から」「汗と混ざって」など全身から臭いを発してしまいます。

 

そんなやっかいな臭い成分ですが、どんなにきつい口臭・体臭を発生しいても1〜2日程度で臭い成分は完全に体外へ排出されるため、食べ物による一時的な口臭の場合は「歯磨きを入念に行う」「代謝をよくする」といった心がけで十分といえそうです。

 

思春期口臭

 

子供の口臭の原因とは | 口臭ラボ

 

11歳前後〜18歳頃まで続くとされている思春期ですが、実はこの思春期に現れる口臭として有名なのが「思春期口臭」といわれるもの。
思春期口臭の主な原因は「ホルモンの影響」「ストレスによる唾液の分泌量低下」です。

 

思春期は「子供から大人になる成長の途中」ですよね?
この重要な時期には「成長ホルモン」「性ホルモン」などの影響を受けやすく、またホルモンバランスも崩れてしまいがちに。

 

こうした「子供の頃にはなかったホルモン」がどんどん身体の中に分泌されることは、口臭だけでなく「体臭」や「汗の臭い」などにも変化をもたらしてしまうものです。
体つきがぐっと大人に近づく思春期ならではの悩みとして挙げられるのが「体の成長に心が追い付いていかない」なんてものもありますよね。
そんな肉体的にも精神的にも波のある思春期は、友人関係で悩んだり些細なことで気分が憂鬱になってしまうことも日常茶飯事!

 

先ほどもお伝えさせていただいた様に、人はストレスと溜めこむと「唾液の分泌量が減る」という特徴があることから、思春期に起こるホルモン変化や不安定な精神状態は一見口臭とは何の関係もない様に思えますが、実はとても密接な関係があると考えられています。

子供の口臭予防・対策とは

子供の口臭予防・対策とは | 口臭ラボ

 

子供の口臭の原因が分かってスッキリしたところで、今度は「口臭予防のために親ができること」を詳しくご紹介します。

 

自立心を養うためにも「できるだけ自分のことは自分でやって欲しい」と思うものですが…子供の口臭が気になり始めたときは、一番近くでフォローしてあげられる親が率先して動いてあげましょう!

 

ママが仕上げの歯磨きをしてあげる

 

子供の口臭予防・対策とは | 口臭ラボ

 

子供がある程度大きくなり自分のことは自分でやれる力が身に付いてくると、親はどうしてもそれに慣れていってしまうもの。
ですが、子供って歯磨きが嫌いな生き物といっても過言ではないくらい、歯磨きを面倒と感じる子が多いもの現状です。

 

子供の自主性を育てるために、どんどん子供の思うとおりにさせてみることは子供にとっても大切な事ですが…自主性に任せ切って歯を失ってしまうことの代償は大きすぎるといえるでしょう。
歯医者さんによっては「小学校高学年でも親が仕上げ磨きをするべき」と推奨されているところもあるくらい、子供自身のブラッシングでは汚れを落とすことはできないそうです!
「生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすい」といわれていますので、最低でも第一大臼歯が生え始める6歳頃までは親が仕上げ磨きを行い、口臭を予防してあげるのが理想的です。

 

また最近では「第二大臼歯が生え始める12歳頃までの仕上げ磨き」を進めている歯科医も増えているんだそうです。
口臭改善や予防のためだけでなく、子供とのスキンシップも兼ねてできるだけ長く親が仕上げ磨きを行ってあげたいものですね。

 

口周りの筋肉トレーニング

 

子供の口臭予防・対策とは | 口臭ラボ

 

口周りの筋肉トレーニングをすることは、「口呼吸」によって口臭が発生してしまっている子供に有効な方法です。
日本語は英語などと違い、口周りの筋肉や舌をさほど使わなくても話すことができてしまいます。

 

これにはメリットもありますが、「口周りの筋肉を衰えさせてしまう」という大きなデメリットも!

 

  • 大きな口を開けて合唱する
  • ガムを噛む
  • 舌を回す
  • 口笛を吹く

 

などは、子供でも行いやすい「口周りの筋トレ方法」です!

 

口内環境が整うことで口呼吸や口臭改善に効果が期待できるだけでなく、小顔効果や美肌効果もあるのでぜひ親子でトレーニングを続けてみてくださいね。

 

鼻通りを良くする

 

子供の口臭予防・対策とは | 口臭ラボ

 

鼻が詰まっているとどうしても口呼吸になりやすく、唾液の分泌量低下から口臭を招いてしまいますよね。

 

そこでおすすめしたいのが「鼻通りを良くする」ということ!

 

  • 息を止めて頭を上下に動かす
  • 鼻を蒸しタオルで温める
  • アロマオイルを使用して芳香浴をする

 

息を止めたまま頭を上下にゆっくりと動かす方法は、口コミで「一時的だけど即効性がある!」「鼻詰まりが嘘のように治った!」なんて声も挙がっています。
息を止められる限りこの「頭の上下運動」を続けるわけですが、年齢が低い子供にはあまりおすすめできません。(というか、できないと思います。)
「ユーカリ」「ハッカ」「ティーツリー」などといった、すっとした清涼感のあるタイプのアロマオイルを日常的に使用することで鼻詰まりの解消や予防も期待できますよ!
熱湯を入れたマグカップに「鼻粘膜排出作用」のあるアロマオイルを数滴垂らし、湯気の蒸気と共に芳香成分を吸入すればきっと鼻詰まりも和らぎスッキリとした気分にしてくれるはず。

 

鼻通りを良くするためには上記のような日常ケアが必要になってくるものですが、あまりにしつこい鼻詰まりの場合は「アレルギー」「耳鼻科疾患」などといった可能性もあるので、できるだけ早く耳鼻科を受診しましょう。

 

ストレスを解消させる

 

子供の口臭予防・対策とは | 口臭ラボ

 

ストレスが強くかかってしまうと「唾液の分泌量低下」につながってしまうばかりでなく、「胃潰瘍」などの胃腸疾患も引き起こしてしまうんでしたよね!
乾燥した口はきつい口臭を発生させやすく、胃腸疾患もまた生臭い独特の口臭の原因に…。

 

「子供なんだから、ストレスなんて溜まらないでしょ!」
なんて軽く思っているとしたら大間違い!
子供だって、日々の慌ただしい生活や学校・人間関係や家庭の状況などからストレスを感じてしまうものです。

 

  • 子供の話をゆっくりと聞いてあげられる時間はありますか?
  • 家庭が居心地の良い場所になっていますか?
  • 子供の前で夫婦喧嘩をしていませんか?
  • 子供を心から愛し抱きしめていますか?

 

子供は、大人が思っているよりもずっと周りの様子を観察しています。親を見ています。
子供はいつか親元から巣立っていくものです。一緒に生活できるのも、あとほんのわずかな期間だけかもしれません。

 

親だって、仕事や地域の付き合い・学校行事等で休む暇がなくストレスを抱え込みがちになってしまうものですが…「子供と一緒にいられるのは、あとどのくらいだろうか?」と常に考え、我が子と過ごすことができる一瞬一瞬を大切にしていってください。
そんな気持ちで子供と関わっていけば、きっと子供も親の愛情を感じてくれるはずですよ!

 

「親から無条件に愛される」ことは、ストレスに負けない強い子供に育てていく上でとても重要なことではないでしょうか?
その気持ちをベースに、子供の話をよく聞きストレス解消につながる方法を親子で考えてあげてくださいね。

 

 

お医者さんによる口臭ケア方法とは

お医者さんによる口臭ケア方法とは | 口臭ラボ

 

子供の口臭の原因になっているのは、「悪い口内環境」「耳鼻科疾患」であることがほとんど。

 

これらの原因に効果的なのは「お医者さんに行くこと」です!さっそく歯医者や耳鼻科でどういった口臭ケアをしてもらえるのかを見ていきましょう。

 

歯医者で歯磨きの指導

 

お医者さんによる口臭ケア方法とは | 口臭ラボ

 

歯医者では、虫歯の治療や歯石取りといった治療をしてもらえる他に「歯磨き指導」も一般的に行われています。

 

  • 虫歯にならないブラッシング方法
  • 歯垢を取り除きやすい歯ブラシの使い方
  • 歯ブラシの角度や力加減の指導

 

など、歯医者では口臭対策や虫歯予防のための歯磨き指導をしてもらえます。

 

自分だけで歯磨きをしていると、どうしても自己流になってしまったりパターンが決まってきたりするものです。
定期的に歯医者を受診することは、口内をきれいに保つことができるだけでなく「正しい歯ブラシの使い方」「口臭予防に効果的なブラッシング方法」などを教えてもらうこともできてまさに一石二鳥!
口臭や虫歯はなくても、数ヶ月に一度は歯医者の定期受診をおすすめします!

 

内科・小児科・耳鼻科で鼻づまりの治療

 

お医者さんによる口臭ケア方法とは | 口臭ラボ

 

口臭が胃腸疾患からくる可能性がある場合、とてもきつくて生臭い口臭であるのが特徴です。
こうした「異常にきつい口臭」を感じた場合、まずは小児科や耳鼻科を受診して原因を突き止めるのが先決!

 

子供に多く見られる「副鼻腔炎」といって鼻の奥に膿が溜まる病気ですが、耳鼻科に行くとレントゲンを撮ってもらうことで簡単に発見することができます。
治療内容もほとんどは抗生物質などの飲み薬だけなので、比較的すぐ症状は良くなりますがぶり返すことも多いやっかいな病気で、慢性化すると手術をすすめられたりすることも。

 

  • まずは耳鼻科に受診
  • 異常がなければ胃腸疾患を疑う→小児科や内科へ受診

 

という2ステップで、子供の「異常な口臭」には対応してみてくださいね!

 

子供の口臭にきちんと向き合うことが大切!

子供の口臭にきちんと向き合うことが大切! | 口臭ラボ

 

いかがでしたか?

 

「虫歯」「ストレス」「病気」「ホルモン」など、子供の口臭の原因になり得るものはけっこうたくさんありましたね!
今回は「子供の口臭の原因や予防策」をご紹介させていただきましたが、一番大切なのは「親が目を光らせておくこと」ではないでしょうか?

 

たかが口臭、されど口臭です。
「これくらいどうってことない」なんて軽く思っていたら、取り返しのつかない病気や疾患だった…なんてことも可能性としては十分に考えられます!
一般的に、口臭が発生しにくいといえる子供時代です。少しでも「これって何かの病気かな?」という思いがあるのであれば、一度耳鼻科を受診してみられてはいかがでしょうか?

 

また子供に口臭があるということは、一緒に生活をしている「親」にも口臭や疾患の可能性が!
特に30代からは身体の中の様々な機能が低下しがちになると共に、口臭や体臭にも影響を及ぼしてしまうことも分かっています。

 

食の欧米化が進み、生活スタイルも昭和時代から考えるともの凄い勢いで変わってきた今日、「気になる臭い」は今や男性だけの話ではなくなってきているんです!
いつまでも「綺麗なママ」と子供からいってもらえる様に、親である私たちも様々な角度から美を追求していく必要がありそうですね!

 

 

>>口臭サプリランキングおすすめ人気ベスト5!