口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「スメルハラスメント」って知っていますか?
「スメハラ」とも略し、”臭いの嫌がらせ”のことを意味しています。
口臭は、他人であっても自分であっても一度気になりだしたら止まりませんよね。
話すどころか同じ空間にいることすらも嫌になってしまうので、人と接する上では特に注意しなくてはなりません。
あなたはスメハラしていませんか?

 

しかし口臭の原因はいくつもあるので、自分で簡単にできるものから治療が必要になるものまで対策もたくさん。
そこで口臭を消すコツを一挙にまとめました。

 

口臭を消すための治療とは

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「口臭が原因で人間関係に支障が出る」「口臭がきつすぎて会話をするのが嫌になる」なんていうほど強烈な口臭でお悩みのあなた!

 

そんなきつい口臭の原因は口内でだけでなく「身体の中」にあるといっても過言ではありません。

 

ここでは口臭改善のために病院で治療してもらっている方々から聞いた「口臭を消すための治療方法」を、各医療機関別に詳しくご紹介します。

 

歯医者での治療

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

まず口臭に悩んでいる多くの方が駆け込まれる「歯医者」での治療法をみていきましょう。

 

生臭くてきつい口臭の原因は口内環境の悪化から引き起こされている場合が多く、歯医者では以下のような「口の中をきれいに保つ」治療を行うのが一般的です。

 

  • 虫歯の治療→虫歯菌除去で口臭改善
  • 歯周病の治療→歯周病の原因になる細菌除去で口内環境を整え口臭改善
  • 歯垢や歯石の除去→虫歯予防で口臭改善
  • 歯磨き指導→口内環境を整え口臭予防に効果的

 

などどれも「口内環境を整える」治療法が主流で、それによって口内の細菌やばい菌を少なくして口臭を改善させる方法です。

 

虫歯や歯周病の重度によっては「抜歯」や「歯の再生治療」「歯の矯正」なども行う必要が出てきたり、それに伴い費用も高額になりがちです。

 

耳鼻科での治療

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

鼻の奥で膿が溜まってしまう耳鼻科疾患の代表的なものに「副鼻腔炎」というものがあります。
通称「蓄膿症」ともいわれているこの病気の特徴は、鼻の奥の管に膿が溜まって「鼻詰まり」を引き起こしてしまうのが特徴になります。

 

鼻呼吸になると口が乾燥してしまい、殺菌やばい菌を洗い流してくれる働きをする唾液の分泌量を著しく低下させて口臭を招いてしまうことに…。
一見、口臭とは何の関係性も見出せない耳鼻科疾患ですが、上記のように口呼吸になってしまうことや鼻の奥に溜まった膿が臭って口臭となってしまうことが主な原因に!
そこで耳鼻科ではレントゲン撮影により症状を確かめたうえで「抗生物質の処方」によって副鼻腔炎の炎症を落ち着かせ、鼻呼吸に戻りやすくしてくれるという治療方法が一般的に行われています。

 

ただ、副鼻腔炎でも風邪症状などから引き起こされる「急性副鼻腔炎」と慢性的に膿が溜まってしまう「慢性副鼻腔炎」があり、慢性化してしまった場合には手術をすすめられるケースもあるようです。

内科での治療

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「胃潰瘍」「胃炎」「十二指腸潰瘍」「肝機能障害」「腎機能障害」など、臓器に何らかの異常がみられる場合も強烈な口臭となってしまいがちです。

 

これらの臓器が正常に機能していない場合、高い確率で「消化不良」や「代謝障害」が引き起こされているといってもいいでしょう。

 

  • きちんと消化されるべきであった食べ物が胃の中に残り、発酵して異臭を放つ
  • 代謝されるべきであった物質が体内に溜まり、血液を介して全身に運ばれ口臭や体臭として臭いを発生させる

 

といった具合に、口臭の原因が身体の中にある場合は内科へ受診してきちんと原因を突き止めることが必要です!

 

消化器系では「内視鏡検査」「血液検査」等によって口臭の原因となっている症状を突き止めたり、口臭の原因になり得る「ピロリ菌」の有無も検査してもらえますよ。

 

内臓疾患や腎臓疾患が口臭の原因として考えられる場合「血液検査「尿検査」によって疾患を調べる方法が主流ですが、症状の程度によっては「超音波検査」「CT」や臓器の一部を切って組織を調べる「生検」と呼ばれる検査を行う場合も。

 

どちらにせよ、身体の中の異常が原因で引き起こされる口臭の場合には「食生活指導」「生活習慣の見直し」「薬の処方」などで臓器の機能を正常に戻す治療がベースになっていきます。

 

口臭外来での検査

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

口臭が気になる方への専門機関として「口臭外来」も最近では多くみられるようになってきました。
口臭外来では「口臭チェック」以外にも「採血」「尿検査」「唾液検査」などによって口臭の原因となっている物質を徹底的に調べ上げたうえ、適切な処置・治療が行われます。
口臭の悩みは非常に繊細な問題として取り扱われているので、「完全個室」や「秘密主義」といったプライベート環境に充実しているところが多く、通院しやすい雰囲気が嬉しいポイント。

 

口臭外来は「歯医者」「総合病院」などで開設されているので、口臭が気になっていて真剣に治療を望んでいる方には特におすすめの機関ですよ。

 

精神科での治療

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「口臭なのに精神科?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?
精神的に疾患を抱えていたり、ストレスを溜めこんでしまいやすい性格の人というのは「自律神経が乱れがち」という大きな特徴があります。

 

自律神経が乱れることで免疫力は低下しやすくなり、唾液の分泌を促すホルモンまでも低下してしまうんです!

 

精神病と口臭は無関係であると思われがちですが、実は精神的にまいってしまうことが多い人ほど口臭に影響が出てくるともいわれています。

 

精神科ではその道に詳しい専門医師が様々な視線から「精神疾患はないのか?」「うまく解決できる方法はないのか?」と探ってくれますよ!

 

そして必要があれば「薬の処方」「カウンセリング」なども行ってくれるでしょう。

 

また精神科にてよく処方される薬の中には「睡眠薬」「抗精神病薬」「抗うつ薬」といったものがありますが、それらの薬の副作用で唾液の分泌量が抑制されて口臭が発生しやすくなることも分かっています。

 

精神病で医療機関にかかる場合、口臭の原因になっている精神疾患を治そうとすることがよけいに口臭を発生させやすい口内環境に近づけてしまう…なんて本末転倒なケースもあるので、きちんと医師に相談してみることが肝心です。

 

口臭を消すためのセルフケアとは

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

身体の中に原因がある「病的口臭」には医師の元での治療が必須ですが、口内環境の悪化による「生理的口臭」である場合は入念なオーラルケアで驚くほど口臭が改善されたという声もあるほど!

 

ここでは自宅で簡単にできる「オーラルセルフケア」をご紹介します。

 

どれも簡単にできることばかりなので、日々のお手入れの中にぜひ取り入れてみてくださいね!

 

デンタルフロスの歯垢除去

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

デンタルフロスとは「糸ようじ」のことをいいますが、このデンタルフロスの力を知ればもう虜になってしまうこと間違いなしです!

 

歯への意識が高い欧米やヨーロッパ方面では、歯磨きとデンタルフロスのW使用はもはや当たり前といってもいいほど生活の中に浸透しています。

 

女性のみならず男性でもデンタルフロスを使用している外国人の方は多く、デンタルフロスを使用したことがない人を探すことの方が困難であるほど!

 

歯磨き後にデンタルフロスを使用すれば、ブラッシングでは取りきれなかった歯垢や食べカスがびっくりするほど取れるので、ぜひ試してみてください!

 

デンタルフロスは「虫歯予防」に開発されていて、歯と歯の間に溜まった歯垢や汚れを掻きだしてくれる効果が高い製品なので「歯周病が気になる…」なんて方は、歯周病予防に特化した「歯間ブラシ」の使用で歯と歯茎の間をケアされるといいですよ。

 

また、デンタルフロスの使用を始めてしばらくの間は「歯茎からの出血」がみられる場合がほとんどですが、デンタルフロスの使用を続け歯茎が健康な状態になれば自然と出血も落ち着いていくものです。「歯磨きをしっかりしているから大丈夫!」ですって?
そんな方にこそおすすめしたいデンタルフロス!きっと使用後のスッキリ感に感動してしまうはずですよ!

 

歯磨きで食べカス・歯垢除去

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

毎食後の歯磨きを徹底することも口内環境を清潔に保つ秘訣であり、口臭改善・予防にも効果的といえます。

 

「歯磨き」と一言でいっても、最近では様々な種類のブラシや歯磨き粉が発売されるようになってきていますよね。

 

  • 電動歯ブラシで歯垢除去率UP
  • 有効成分豊富な歯磨き粉を使用

 

など、歯垢や食べカス・汚れを簡単に除去できるような商品を使用してみるのもひとつの手です。
1日3回の歯磨きタイムを「楽しんで」行うことができれば、ストレスになりません♪

 

特に「電動歯ブラシ」はおすすめで、普通にブラッシングをするよりも高速度の振動が歯と歯の歯垢や食べカスもしっかりと掻きだしてくれます!
金額は少々お高いですが、電動ブラシは自分の手を動かす必要がないため「口内環境を整える力が高い歯ブラシが欲しい」「毎回の歯ブラシが面倒」という方にはうってつけです。

 

舌ブラシで舌苔除去

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

舌の表面にべったりとこびりついている白色のもの…それは「舌苔」と呼ばれている、口臭の原因にもなり得るもの。
この「舌苔」の正体は、食べカスはもちろん「皮膚の代謝物」「細菌」などが集まって発生したものです。

 

そしてこの舌苔が過剰に溜まってしまうことで、臭いの原因になってしまう悪臭成分を作りだしてしまうのだからケアは怠れません!
舌苔のお手入れ方法として最も適しているのは「舌ブラシ」と呼ばれる、舌専用のブラシで丁寧に舌苔を除去してあげることです。

 

ただ、強い力でごしごし削ったり舌苔を除去しすぎてしまうことは逆に「舌苔を増やす」ことにもつながってしまうケースがあるため、舌をケアする場合は「やりすぎない・優しく」を心がけましょう。
具体的な回数は「1日1回」で十分ですので、まずは一番効果的な「朝」に舌ケアを取り入れられてみては?

 

食後に口内ケア

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

食後にできる「口内環境を整えるケア」とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

  • 食後の歯磨きは入念に
  • デンタルフロスの使用
  • 水分で口内の乾燥を防ぐ
  • マウスウォッシュの使用
  • 清涼錠剤を飲む

 

などは、できるだけ食後すぐに行うことをおすすめします。

 

「面倒だなぁ…」と感じることは多いですが、口臭改善のためにも努力を続けていきましょう。

 

また歯磨きができないような場所では「歯磨きシート」と呼ばれているウェットティッシュを使用するのも賢い選択です。

 

バッグの中にひとつ常備して置けば「もしも」のときに重宝すること間違いなしですよ!

 

キシリトールガムや酸っぱいもので唾液を増やす

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

酸っぱいものに含まれる「クエン酸」やガムを噛むことは唾液の分泌を促進し、口内の細菌を除去してくれるので口臭改善・予防にとても効果的といえます。

 

果物でいえば「レモン」「パイナップル」「キウイ」「オレンジ」「グレープフルーツ」などの南国フルーツや柑橘系のものにはクエン酸が豊富に含まれているので、唾液の分泌量UPが期待できる以外にも「舌苔を分解してくれる」という嬉しい効果も。

 

食後には「虫歯になりにくい環境を整える」キシリトールガムを噛んだり、上記のフルーツをデザートとして食べることで賢く口内環境を整えてみてはどうでしょうか?

 

こまめな水分補給を摂る、氷を口に含む

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

何度もお伝えしている「唾液の分泌量低下と口臭の関係性」ですが、一番大切なことは「口内を乾燥させないこと」といっても過言ではありません!

 

とにかく口の中を乾燥させないようにする努力は、口臭でお悩みの方には徹底してもらいたいと思います。

 

  • 水をこまめに飲む
  • 飴の代わりに氷を舐める

 

といった、日常生活でも少し意識すればできることをコツコツと行っていくことがポイントです!

 

また「水分補給」とはいっても、ジュースや炭酸飲料など糖分の多い飲み物はかえって口内環境を悪化させてしまうものです。

 

殺菌効果に優れた「緑茶」などにも注意が必要で、緑茶に入っているカフェインのせいで利尿作用が活発になり、身体の水分を低下させてしまう恐れもあるためです。

 

水分補給のために飲むのは断然「お水」をおすすめしますが、お茶を飲みたい場合には必ずカフェインが入っていないものを選ぶようにしてくださいね。

 

緑茶や牛乳を飲む

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

「利尿を促進する」といった緑茶でしたが、実は緑茶の中に含まれる「カテキン」にはうがい薬のイソジン同様の殺菌作用があるといわれているので口臭予防にぴったりなんです。
ウーロン茶や紅茶にもカテキンは含まれていますが緑茶ほどではないので、カテキン目的で飲むなら緑茶がベストといえそうです。
ただし、先ほどもお伝えしたように「利尿作用」は活発になるので、飲みすぎには注意してくださいね。

 

また牛乳に含まれるたんぱく質には「悪臭を包み込む」「粘膜に膜を張る」といった特徴があり、牛乳を飲むタイミングで様々な臭いを抑える効果が期待できます。
基本的には「食事中に牛乳を飲む」ことで胃の中から呼吸として上がってくる臭いを包み込んでくれますが、にんにく料理など臭いの強い食べ物を摂取するときは「食前」に牛乳を飲むことで、臭い成分が胃から全身へ吸収されることを抑制してくれます。
「牛乳を飲み忘れてしまった!」なんて場合でも、胃の中で食べ物が吸収される「食後1時間以内」に飲めば、ちゃんと口臭予防効果はあるそうですよ。

 

鼻呼吸を徹底する

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

病的口臭の場合でも原因となった「口呼吸」ですが、口で呼吸をすることにより口内が乾燥して細菌を増殖させてしまうんでしたよね!

 

…ということは、意識的に「鼻呼吸」を徹底することで口内の細菌増殖を抑制して口臭対策につなげることは十分可能ということなんです。

 

  • 耳鼻科疾患で鼻呼吸が難しいのであれば通院して治療する
  • 歯並びが悪くて口が開いてしまうなら歯を矯正する
  • 常に上唇と下唇をくっつける癖を付ける
  • 日常的にマスクを使用する

 

など、無理せず続けていけるアイデアを探してみてください。

 

「口呼吸=口臭」といってもいいほど、口呼吸は口内環境を悪化させて口臭を引き起こしてしまうのですから…あなたも今日から「鼻呼吸美人」を目指しましょう♪

 

空腹を避ける

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

ここでも登場するのがやっぱり「唾液の分泌量」です!

 

「またか!」と思ったあなた。
唾液と口臭には切っても切れない関係があることを、そろそろお分かりいただけていることだと思います。

 

空腹時に口臭がきつくなってしまう原因は、「空腹時は唾液の分泌量が低下する」ことにつきます!
「唾液の分泌量が減ると、口内では細菌やばい菌が活性化して一気に繁殖・増殖してしまい、それが口臭の原因になってしまう…」というのは口を酸っぱくしてお伝えして参りました。

 

そしてなんと、増殖した細菌からは「揮発性硫黄化合物」という悪臭ガスが発生しているということをご存知でしたでしょうか?
そりゃ〜、口の中から硫黄が発生していたら息も臭くなっちゃいますよね…。
ですので、できるだけ「空腹にならない努力」をすることも口臭予防でできることのひとつといえます。

 

  • 小腹が減ったら少量の食べ物を摂取する
  • 腹持ちの良いドリンクを飲む

 

「空腹時に口臭がきつくなる」とお悩みの方は、極度な空腹状態を作らないように工夫してみてください!

 

ストレスを溜めない

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

精神疾患の場合でも説明したように、ストレスを感じることで自律神経が乱れ、唾液の分泌量が低下して口臭を招くというケースは特別な病気を患っていなくても、虫歯が全くなくても、誰にでも起こり得る可能性のあるものです。

 

  • 自分なりのストレス発散方法を見つける
  • 趣味に没頭する時間を確保する
  • 無理やりにでも笑う癖を付ける

 

など、ストレスと上手に付き合っていける道を見つけることは口臭対策にもなっていくんです。
「ストレス」と聞くと悪いイメージばかり浮かんでくるものですが、上手に付き合っていけば「やる気UP」「モチベーションUP」にもつながっていくことも!

 

そして「無理やり笑う」ことも、強い自分になっていくためには欠かせない生活習慣。
多くの人は「幸せだから笑える」と思ってしまいがちですが、実はその反対。
「どんな状況でも笑えるような強い人だから幸せになれる」という真実を、ぜひ1人でも多くの方に体感してみて欲しいと思います。

 

喫煙やコーヒーを控える

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

タバコに含まれる「ニコチン」「タール」は、口内の血液循環を低下させて唾液の分泌を抑制させます。
それだけでなく、タバコに含まれる化学物質が原因となり「舌苔を増やす」「揮発性硫黄化合物の発生」にもつながり歯周病のリスクも高めてしまうという、もはや「百害あって一利なし」ともいえる喫煙習慣。
唾液分泌量の低下で殺菌が増殖した口内はもちろん口臭が発生しやすいのですが、喫煙者はそれプラス「タバコ臭さ」が混ざり合って耐え難い口臭になるとう話をよく聞きます。

 

そしてタバコだけでなく、身近な存在である「コーヒー」にも注意が必要です!
コーヒーにはカフェインが多く含まれており、利尿作用を促進させて唾液分泌量低下を招きやすくする他「舌苔を増やす」「胃に負担をかける」作用があることも分かっています。
コーヒーの中に含まれる「クロロゲン酸」は胃液の分泌を促進させてしまうので、結果胃が荒れやすくなり、最悪の場合「胃潰瘍」「胃炎」といった消化器疾患を引き起こしてしまうケースも。
コーヒーの飲みすぎはこういった胃腸疾患につながってしまいやすいので、1日3〜4杯程度にとどめておくようにしたいですね!

 

顎を動かす

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

顎を動かすことで唾液の分泌を増やすことは口内を潤して細菌を殺菌し、きれいな口内環境を作るのに効果的です。

 

唾液が作られる場所は「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」の3つに大きく分けられます。
上記3つの唾液腺付近を、指を使ってぐぐっと押すように刺激することで唾液の分泌を促しましょう!

 

「テレビを観ながら…」「お風呂に浸かりながら…」「口臭が気になってきたら…」など、手で刺激するだけなのでいつでもどこでも気軽に行えるのが魅力的です。
「1日に出る唾液の総分泌量は1〜1.5l」という結構な量なので、「唾液腺を刺激してもいまいち唾液分泌が実感できない…」という方はそもそもの水分量が不足している場合も!

 

水をしっかり飲んで体内の水分量を上げることは、そのまま唾液分泌量UPにもつながります。

 

口臭サプリメントで身体の中から口臭ケア!

 

口臭を消すコツとは|セルフケア・病院治療【まとめ】|正しい歯磨きと予防対策7選 | 口臭ラボ

 

口臭のきっかけが「病的口臭」でも「生理的口臭」であっても、結果的には「口内環境の悪化」「唾液分泌量の低下」がくさ〜い臭いを発生させてしまっているという事実をお分かりいただけましたか?
病院で治療を進め、セルフケアを入念に行っていけばかなりの確率で口臭は改善へ向かうはず!

 

さらに口臭に特化したサプリメントなども併用すれば、まさに「向かうところ敵なし!」といっても過言ではありません。

 

口臭が気になる方のために開発されたサプリメントを使用された方の中には、「数日で悩んでいた口臭が消えた!」「口臭だけじゃなくて体臭にも変化が現れた!」「なんでもっと早く飲み始めなかったんだろう…もう手放せない!」といった嬉しい声がたくさん届いているようです。

 

口臭の悩みはとてもデリケートなものです。「恥ずかしくて通院する勇気がない」なんて方は、まずはサプリメントを使用して様子をみてみるのもいいかもしれませんね♪

 

 

>>口臭を消す!?おすすめ口臭サプリをみる!