蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症とわかってから、おそらく口臭が気になってくると思います。
蓄膿症で口臭が起こるのは一体なぜなのでしょう。
また、どのような対策をとれば不快な口臭を防ぐことができるのでしょうか。

 

口臭発生の原因から対処法までを一挙まとめてお伝えします。

 

蓄膿症と口臭の関係

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症を患っている方の悩み…それは「きつい口臭」といっても過言ではないほど、多くの蓄膿患者の方々が自分の臭い口臭に頭を抱えているそうです。

 

ここでは「なぜ蓄膿症だと口が臭くなるのか?」「蓄膿症になってしまう原因は?」「蓄膿症の口臭ってどんな臭いなの?」という、蓄膿症と口臭に関わるお話を詳しくさせていただきます。

 

そもそも蓄膿症って何?

「蓄膿症患者は口が臭い」とはよくいわれますが、そもそも蓄膿症ってどんな病気なのでしょうか?

 

蓄膿症とは、鼻の奥の空洞(副鼻腔)に膿がたまることで「鼻詰まり」「めまい」「頭痛」などの不快な症状を引き起こしてしまう「副鼻腔炎」が慢性化した病状のことをいいます。

 

副鼻腔に炎症が起こって「副鼻腔炎」となり、その状態が3ヶ月以上続くと「蓄膿症」と呼ばれるようになりますが、その症状は上記以外にも「食べものの味が分からない」「虫歯はないのに歯や頬が痛む」なんてものも。

 

蓄膿症の主な原因としては「細菌」「アレルギー」などが挙げられますが、特に多くの割合を占めているのが「風邪ウィルス」によって引き起こされる蓄膿症です。

 

風邪を引いて鼻の粘膜に炎症が起き、それが鼻の奥の空洞(副鼻腔)にまで広がることで蓄膿症を発症させてしまうケースもあれば、ウィルスが副鼻腔内に侵入して直接炎症を引き起こしてしまう場合もあります。

 

蓄膿症で口臭が起こる原因とは

蓄膿症とは副鼻腔に「膿がたまる」という耳鼻科疾患のため、多くの蓄膿症患者は「鼻詰まり」という不快な症状に悩まされることになります。

 

人間は一般的に「口呼吸」をして酸素を吸い込むことが好ましいのにも関わらず、蓄膿症によって鼻が詰まってしまうとどうしても「口呼吸」になってしまいますよね?

 

すると、口呼吸をすることによって「口内が乾燥する」「唾液の分泌量が減る」といったことが起こってきますが、まさにこれが蓄膿症による口臭の主な原因となっているんです!

 

人の口の中は常に「唾液」によって潤わされている状況ですが、口呼吸によってドライマウスとなった口内は「細菌を繁殖させやすい」「きつい臭いを発生しやすい」といった環境になってしまいます。

 

唾液の主な働きの中には「口内の細菌を洗い流してきれいにする」「虫歯菌の増殖を抑制する」「消臭効果」などといったものがあり、口臭予防のためには欠かせないものなんです。

 

ここで、蓄膿症と口臭の関係性を簡単にまとめてみましょう。

 

蓄膿症発生→鼻が詰まる→口呼吸になる→口内が乾燥する→口内の細菌が繁殖・増殖→口臭の元になる悪臭ガスが発生

 

これが蓄膿症と口臭の主な関係性ですが、この他にも「副鼻腔に溜まった膿が直接臭いを発する」なんてケースもあり、この場合は「膿の生臭い臭い」が吐息と共に排出されてしまいます。

 

蓄膿症による口臭の特徴

蓄膿症が原因となって引き起こされる口臭とは、一体どんな臭いなのか気になりませんか?

 

一般的に蓄膿症患者の口臭は「食べものが腐ったような臭い」「ドブ臭」なんて呼ばれています。

 

これは口呼吸によって口内が乾燥することで細菌が増殖し、その細菌が「メチルカプタン」「硫化水素」という悪臭ガスを発生させることが直接的な原因になっていますよ。

 

蓄膿症の治療で口臭対策を

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

「慢性化しやすい」「何度も繰り返しやすい」という特性を持った蓄膿症ですので、それに伴い口内環境も悪化しやすく「常に口が臭い…」なんて状況になりやすいものです。

 

ここでは、そんな繰り返しやすい蓄膿症に効果が期待できる治療方法についてお伝えしていきます。

 

自分に合った治療方法を見つけることは、蓄膿症によって発生された口臭を改善させる一番の近道になってくれるはず!

 

治療法@薬物療法

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

耳鼻科で一般的に行われている蓄膿症の治療方法は「抗生物質の投与」です。

 

抗生物質を長めに服用することで「菌の増殖を抑える」「鼻水を抑える」「炎症の鎮静化」が期待でき、蓄膿症の症状改善が期待できるとされています。

 

薬の投与以外にも、耳鼻科に受診をした際は「ネブライザー治療」という「鼻や口から霧状になった薬を吸い込む」という治療も並行して行われることが多くみられます。

 

これはステロイド薬や抗生物質を霧状にすることで、効率よく副鼻腔に薬剤成分を送りこむことのできるようにと考えられた治療方法です。

 

蓄膿症の症状にもよりますが、このネブライザー治療は1週間程度毎日もしくは1日おきに行うと効果的だそうです。

 

薬の投与やネブライザー治療を行い、だいたい2〜3週間もすれば蓄膿症の症状も改善に向かうことがほとんどでしょう。

 

治療法A鼻腔洗浄

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

抗生物質の投与を続けても症状の改善がみられない場合や、あまりにもたくさんの膿がたまっている場合などは副鼻腔に溜まった膿を強制的に吸い出す治療方法が必要です。

 

鼻腔洗浄は強い痛みを伴うため、一般的に鼻腔に麻酔をした後に行われます。

 

鼻腔に麻酔をした後、副鼻腔に針を刺して生理食塩水と抗生物質を混ぜたものをゆっくりと副鼻腔内に注入してたまった膿を少しづつ吸い出すという方法ですが、この治療を行ってもなお症状の改善がみられない場合は「手術」をすすめられることも。

 

治療法B手術療法

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

「鼻腔洗浄を行っても症状の改善がみられない」「慢性化してすぐに蓄膿症になってしまう」なんて場合は手術療法を考える必要がありそうです。

 

蓄膿症を改善させるための手術には「外科手術」と「内視鏡手術」の2種類が存在しています。

 

外科手術

顔や口内にメスを入れてたまった膿を外側から取り除き、鼻腔からの空気の流れを良くする。顔が腫れたり後遺症が残る場合も。

 

内視鏡手術

鼻の中から内視鏡を入れ、たまった膿が排出されやすいようにする。症状が治まるまで治療が続くことも。

 

外科手術がいいのか、それとも内視鏡手術の方が適しているのかは医師が蓄膿症の症状などを見て決めることが多いので、信頼できる耳鼻科を見つけることはとても重要なことだといえますね。

 

蓄膿症による口臭のセルフケア

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症による口臭をなんとかしたい場合、蓄膿症にならないためのセルフケアがとっても大切!

 

蓄膿症が原因で引き起こされている口臭を予防する効果的なケア方法とは…?

 

ドライマウス予防

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症による口臭の主な原因になっている「悪臭ガスの発生」は、ドライマウスになってしまうことで発生しやすくなります。

 

  • 水をこまめに飲んで唾液分泌量を促進する
  • ガムを噛んで唾液腺を刺激する
  • 唾液腺を指で指圧して刺激する
  • コーヒーはほどほどに
  • タバコを止める
  • 口呼吸にならないように意識する

 

このような日々のちょっとした意識改善によって、驚くほど唾液分泌量が増え口内を潤してくれることにつながるものです。

 

またタバコには「唾液の分泌を抑制する」化学物質が多く含まれていたり、コーヒーはカフェインによる利尿作用で体内の水分量を低下させた結果、唾液分立量低下も招いてしまうことが分かっているので気を付けましょう。

 

歯磨き・舌磨きで口内洗浄

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

口臭の原因になっている「悪臭ガス」の多くは歯と歯の間や舌の表面にこびりついているものです。

 

  • 歯磨きは歯1本1本丁寧に行う
  • 歯磨き後にはデンタルフロスを使用する
  • 舌専用ブラシで舌苔(ぜったい)を除去する

 

上記の口内ケアは蓄膿症患者だけでなく、口臭に悩んでいる方々が実際に行っているケア内容です。

 

歯磨きをいくら入念にしていても、歯と歯の間や詰め物・被せ物の周辺には取りきれなかった食べカスや歯垢がたまっています。

 

歯磨きを徹底して+αのアイテムも並行して使用すれば、歯磨きだけのときとは比べものにならないほどの爽快感を味わっていただけるはずですよ!

 

また、舌の表面にこびりついている白っぽい苔は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる細菌や口内の代謝物の塊です。
あまり強い力でゴシゴシこすったり、1日に何回も舌磨きを行う場合はかえって舌の粘膜を傷つけて舌苔を増やしてしまうことにもつながるため、舌磨きを行う場合は「舌専用ブラシで1日1回」を守るようにしましょう。

 

咀嚼をして唾液を増やす

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症による口臭を改善に導くカギは「どれだけ唾液を出すことができるか」にかかっているといえます。

 

食べるときはぜひ咀嚼(そしゃく)を意識して、よく噛むように心がけたいものです。あえて「歯ごたえのあるもの」を食べるようにするのもおすすめですよ!

 

咀嚼することで顎周辺にある唾液腺が刺激され、唾液を大量に分泌してくれることにつながります。。

 

唾液は口臭の原因となる細菌や虫歯菌の繁殖や増殖を防ぐだけでなく、消化の促進をも促してくれるので「消化不良による口臭」や「胃腸の不調が原因で発生する口臭」などにもいい影響を与えてくれますよ!

 

ぜひ「20〜30回」は噛んで食べてみてください。きっと唾液が口内に溢れ出てくるのを感じてもらえるはず。

 

健康的な生活リズムで過ごす

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

  • 夜更かし
  • 朝晩逆転生活
  • 不規則な食事時間
  • 栄養バランスの偏り

 

といった、健康的とはいえない生活を続けることで懸念されることは「自律神経の乱れ」です。

 

自律神経と口臭とは一見なんの関係もなさそうですが、実はこの自律神経の乱れこそ「ドライマウス」を引き起こしてしまう原因なのです!

 

唾液を分泌する神経は、実は自律神経とつながっています。

 

自律神経が乱れると、唾液を正常に分泌しようとする働きがうまくいかずにドライマウスを引き起こしてしまうというわけ。

 

そういった点からも、日々の生活リズムを整えて健康的に過ごすことが結果的に口臭予防へとつながっていくことはいうまでもありませんよね!

 

本当に蓄膿症による口臭なのか

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

蓄膿症と口臭の関係性がクリアになったところで気になることは…「自分の口臭は本当に蓄膿症によるものなのか?」という、基本的な疑問ではないでしょうか?

 

口臭を一刻も早く改善させるためには「原因を正確に突き止める」ことがなによりも大切になってきます。

 

そこでおすすめなのが「ブレスチェッカー」を使って鼻息を測定してみること!

 

様々なメーカーから「ブレスチェッカー」「口臭チェッカー」という、口臭の強さを数値で測定する機会が発売されています。

 

口臭が蓄膿症からきている場合、口臭だけでなく鼻息にも臭いが発生しているものです。

 

市販のブレスチェッカーに鼻息を吹きかけ、数値を確認してみましょう。数値が3以上である場合は、蓄膿症による口臭である可能性が高いといえます。

 

ブレスチェッカーを使用しての鼻息測定方法
  1. 片方の鼻を指で押さえる
  2. もう片方の鼻の下にブレスチェッカーを置き、鼻息を勢いよく吹きかける
  3. 同じ方法で反対側も測定する

 

ブレスチェッカーを使用して鼻息測定をする場合は、左右の数値が異なることもしばしば。必ず両側の鼻息を測定するようにしてください。

 

蓄膿症の場合ほとんどは鼻が詰まっている状態なので、鼻息の臭いを正確に確かめることは困難でしょう。そんなときは市販のものを賢く使って口臭の確認に役立ててみましょう!

 

子供の蓄膿症にも注意!

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

「蓄膿症は大人の病気」と思っている人がいるとすれば、大間違いです!

 

実は、子供の副鼻腔は大人に比べて発達が未熟で狭く、膿がたまりやすい構造になっているんです。

 

そのため、ちょっと風邪を引いただけでも細菌やウィルスが副鼻腔に侵入して炎症を引き起こしてしまうのだそうです。

 

大人の蓄膿症はなかなか治りづらく、治療も長期に渡ってしまいがちです。しかし子供の蓄膿症はよほど慢性化したものでない限り治療が難航することはないという嬉しい特徴も!

 

  • 鼻が詰まっている
  • 夜、寝苦しそうで何回も目覚める
  • 咳が止まらない
  • 鼻水が出る
  • 発熱
  • 機嫌が悪い

 

もしも子供に上記のような症状がみられれば、できるだけ早く耳鼻科へ受診をして検査をしてもらいましょう。

 

まだまだ自分の症状をしっかりと言葉に出して伝えることができない子供たちにとって、周りにいる大人たちが目を光らせて体調の変化を感じ取ってあげることが大切ですよね。

 

また「鼻水や鼻詰まり」という症状が多くみられる蓄膿症ですが、稀に「鼻水は全く出ない」というタイプの蓄膿症もあります。

 

これは副鼻腔に溜まった膿が鼻を通して排出されるのでなく「のどに流れる」タイプの蓄膿症であるため。

 

「鼻水は出ていないから蓄膿症ではない」と軽く考えず、口臭に加えて鼻が詰まっていたり咳が止まらないなんて場合は蓄膿症も疑ってみてください。

 

蓄膿症とは関係ない口臭の場合…

 

蓄膿症の口臭対策|原因と治療法、口臭が和らぐセルフケアとは|口臭ラボ

 

いかがでしたか?
「蓄膿症」「口内環境悪化」「胃腸の不調」など口臭の原因は実に多岐に渡りますが、大切なのは「自分の口臭原因を知ること」ではないでしょうか。

 

もしもあなたの口臭が蓄膿症によるものではなかった場合、他の疾患が考えられるでしょう。
虫歯や歯周病が原因であれば「歯医者で治療」をおすすめしますし、胃腸疾患によるものであれば「医療機関での治療」が必須になってくるでしょう。

 

ただ、上記のような口内や身体の中の疾患が原因でなくても「食べものによる口臭」「生まれ持った体臭」「ホルモンバランスの乱れ」「加齢臭」などによっても口臭は引き起こされてしまう場合も。

 

そんなときは「口臭サプリメント」で身体の中から臭いケアをする方法がおすすめです!
口臭サプリメントとは、芳香成分や乳酸菌などが豊富に配合された「口臭が気になる人のために」開発されたもので、身体の中の臭いの元を有効成分が包み込みいい香りに変えてくれるという画期的なアイテムなんです。
愛用者の中には「口臭が和らいだ!」「体中が薔薇の香りに包まれているみたい!」といった満足の声がたくさん届いているようですよ!

 

もしもあなたの口臭が蓄膿症からくるものでなかったなら、一度口臭サプリメントを試してみるのもいいかも♪

 

>>おすすめ口臭サプリランキングはこちら!