便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選

便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選 | 口臭ラボ

 

「口臭がうんち臭い!もしかしたら便秘が原因?」

 

…まさにその通り、便秘は口臭に大きく関係しています。
3日に1回、1週間に1回、そんな不健康な排便生活を送っていませんか?

 

今回は便秘による口臭の原因や便秘対策をご紹介します。

 

便秘で口臭がしてしまう原因

 

便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選 | 口臭ラボ

 

便秘と口臭は、一見何の関係もないと思ってしまいがちですが、実は密接な関係があることが報告されています。

 

腸内に長期間溜まってしまった便は腸内で有害物質を発生し、その有害物質は血液中に溶け込み全身に巡らされます。

 

その結果、肺を通して「吐息」として臭いが発生したり「発汗」「体臭」にまで便の臭いを送り出してしまいます。

 

「体臭が便の臭い?」と驚かれた方もあるのではないでしょうか?

 

本人は毎日自分の口臭・体臭を嗅いでいるのでなかなか実感しにくいものですが、周りにいる人からすると「あの子、なんだかうんち臭い…」なんて思われていることだってあるんです。

 

女性が便秘になりやすい理由

 

便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選 | 口臭ラボ

 

男性と女性を比べると、便秘の悩みは圧倒的に女性に多くみられる症状といってもいいでしょう。

 

ここでは「なぜ女性が便秘をしやすいのか?」を、女性特有の身体の作りや性質などから考えてみたいと思います。

 

ホルモンバランスによる便の水分不足

 

「エストロゲン」「プロゲステロン」という女性ホルモンの名前は、女性なら一度は聞いたことのある馴染み深いホルモンではないでしょうか?

 

実はその女性ホルモンの中でも「プロゲステロン」というホルモンは、妊娠したときのために「子宮内膜が剥がれ落ちるのを抑止する」という大切な役割を担っているホルモンです。

 

お腹の中で赤ちゃんを育てるためになくてはならないホルモンは、一方で「水分を体にためこむ」「体温を上昇させる」といった働きがあります。

 

この働きのせいで腸にはガスが溜まりやすくなり、結果水分不足が引き起こされて便が硬くなってしまいます。

 

プロゲステロンの分泌が盛んな「妊娠中」や「排卵後」などは、特に水分不足になりやすいので注意が必要ですよ!

 

筋力不足

 

便意を感じても、「踏ん張る力」が不十分である場合にも便秘を引き起こしてしまうことに。

 

肛門付近の筋力が弱ってくるとどうしても便を押し出しにくく、途中で便意を喪失してしまうなんて場合も…。

 

そんなことを繰り返している内に便意を感じづらくなり、便秘が慢性化してしまいやすいといえます。

 

排便時にうまく便を押し出すことができないのであれば、日頃から肛門の筋肉トレーニングなどを行って肛門周りを積極的に鍛えましょう!

 

肛門の筋トレはとっても簡単!

 

肛門に意識を集中させ、キュっと肛門を締めて数秒間キープさせるだけで効率よく肛門周りを鍛えることができますよ。

 

ダイエットによる栄養不足

 

「モデルのような体型になりたい」「もっと痩せたい」「きれいになりたい」と思うのは、女性であれば当然の願望ですよね。

 

ただ、あまりにもストイックなダイエットを続けてしまう場合の代償として「栄養が偏ってしまう」「肌が荒れる」などといったことが挙げられます。

 

ダイエットによって食事量そのものが減ってしまうと、便のかさも減ってしまいます。
食べ物の中には栄養だけでなく「水分」も入っているので、食事量を減らすことは直接「体内の水分不足」となり便を固くしてしまうのです!

 

便を我慢する癖がある

 

便意を我慢する癖がついてくると、便が溜まっている「直腸」という部分は便が常にあることに慣れ、だんだんと便意を感じなくなってきます。

 

「仕事で忙しいから」「もう少し便意が強くなるまで待とう」などという考えは止めて、少しでも便意を感じたらすぐにトイレへ向かうようにしたいものです。

 

口臭にさよなら!便秘対策

 

便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選 | 口臭ラボ

 

もう「うんち臭い口臭」だなんていわせない!

 

便秘を徹底的に改善させることで、気になっている口臭を一刻も早く改善していきましょう!

 

食生活を見直す

 

便秘を改善させるために効果的なのは、やっぱり「食生活の見直し」です!

 

特に「弛緩性便秘」といって、コロコロうんちやお腹が張ってしまうタイプの便秘の場合、日常生活で意識的に「善玉菌を増やす食品」を摂取して腸内環境を整えることが必要不可欠です。

 

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 味噌
  • 納豆
  • キムチ
  • オリゴ糖

 

など、善玉菌を増やすことのできる食品を毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

 

適度に運動する

 

大腸を動かす機能が低下している「弛緩性便秘」、下痢と便秘が交互に起こりやすい「けいれん性便秘」におすすめなのが適度な運動を取り入れること。

 

便の量を増やす食事に加え、適度な運動を取り入れることで「腸の動きを活発にする」ことがとても重要なんです!

 

  • 有酸素運動で身体の中から温め腸の動きを活性化させる
  • 腹部を中心にストレッチすることで腸を刺激する
  • 肛門トレーニングをすることで排便時に必要な筋力を鍛える

 

「便秘が慢性化している!」という方は、まずは簡単なストレッチから始めてみられることをおすすめします。

 

ストレスを溜めないようにする

 

また、けいれん性便秘におすすめなのが「ストレスを溜めないこと」です。

 

ストレスによって自律神経が乱れると「大腸の動きが鈍くなる」「代謝障害を引き起こす」といったトラブルの原因にもなってしまいます。

 

ストレス社会の現代において全くストレスを溜めないようにするのは難しいものですが、自分なりにリフレッシュできる時間を見つけたり、一瞬でもストレスを忘れることができる時間を持つことが大切です!

 

こまめにトイレに行く

 

直腸性便秘におすすめの対策は「こまめにトイレに行くこと!」これに限ります。

 

  • 便が固い
  • 排便に時間がかかる
  • そもそも便意を感じない
  • 排便時に痛みが起こる
  • 便意を我慢してしまいやすい

 

上記のような特徴がある直腸性便秘は、排便時のトラウマ(痛み・出血)によって便意を我慢してしまうことが習慣化し、便意を感じなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのが特徴です。

 

ほんの少しでも便意を感じれば、すぐにトイレへ行く習慣を付けましょう!

 

最初は思うように排便ができなくても、「便意を感じてすぐトイレにいく」を繰り返していくうちに自然と排便ができるようになってきますよ。

 

こまめに水分補給をする

 

こまめに水分補給を行うことも便秘解消のためにはとても有効です。
水分補給をする場合、ジュースや炭酸飲料ではなくできるだけ「水」を飲むといいでしょう。
1日に1リットル程度の水を飲むのが便秘に効果的といわれていますが、一気に1リットル飲んでしまうのは下痢を引き起こしてしまう可能性もあるのでおすすめできません。
一気に水分を飲むのでなく、1リットルを1日の中でこまめに飲んで行くことが大切です。

 

特に「朝、目覚めた直後のグラス1杯」の水分補給は効果絶大です!できるだけ冷たい水を飲んで腸を刺激しましょう。
また、冷たい牛乳も腸を刺激してくれるので便意を感じやすくなりますよ!

 

白湯を飲む

 

「白湯が便秘解消に効果的!」ということをご存知ですか?

 

白湯を飲むことで内臓の温度が上がり、腸の動きを活発にしてくれるためだといわれています。

 

以下に白湯を飲むときのポイントをまとめてみたのでぜひ試してみてくださいね!

 

  • 白湯は60度以上の熱いものを飲む
  • 10分くらいかけてちびちび飲む
  • 1日に800mlを目安に飲む

 

熱〜い白湯をゆっくりと飲むことで、身体がじわじわと温まるのを感じることができるはず!

 

便秘解消目的で白湯を飲んだ人からは「慢性的な便秘が嘘のように排便できた!」「白湯を飲んで2〜3時間後には毎回スッキリ♪」など、驚きの声がたくさん挙がっています。

 

口臭サプリを飲む

口臭に悩んでいる多くの方は「口臭サプリ」を愛用しているとのことですが、口臭サプリって本当に効果があるのでしょうか?

 

口臭サプリの中に配合されているのは「口内の細菌を殺して異臭を抑える」ものもあれば、「有効成分を体中に送って口臭・体臭までもカバー」なんてハイスペック商品も!

 

「気になる口臭を今すぐなんとかしたい!」という切実なお悩みを抱えている方は、食生活の見直しだけでなくこうしたサプリメントの飲用も考えてみられることをおすすめします。

 

なるべく便秘薬に頼らない

 

慢性便秘の方は、市販の便秘薬や浣腸などで強制的に排便をしている方も少なくありません。

 

ですが、いつまでも便秘薬に頼っていると「便秘薬なしでは排便ができない」なんてことになってしまう可能性が!

 

  • お腹が張る
  • 食欲不振
  • 腹痛

 

などの症状が便秘と重なる場合、肛門周辺の疾患によって便秘が引き起こされている「器質性便秘」である場合も十分に考えられます。

 

器質性便秘は肛門や腸の疾患なので、病院で治療してもらう必要があります。
「便秘薬を使用しないと排便できない」なんて状況が長く続いているのであれば、早めの受診をおすすめします。

 

医師に相談する

 

「食生活にも気を付けている」「運動もしている」「下剤を飲んでも便が出ない」なんて場合、一刻も早く消化器系内科を受診するようにしましょう。
「そのうち出るさ」なんてのんきなことをいっていると、重大な腸疾患を見逃してしまう可能性が高まります!
うんち臭い口臭を早期に改善するためにも、スッキリ排便して気持ちのいい毎日を過ごすためにも、一度医師に相談してみるのも賢い選択ではないでしょうか。

 

便秘対策で口臭に悩まない生活を!

 

便秘で口臭がひどくなる!うんち臭い口臭の原因と対策9選 | 口臭ラボ

 

いかがでしたか?

 

今回は口臭よりも「便秘改善対策」に重点を置いた内容になってしまいましたが、便秘を解消させることは必ず「口臭改善」にもつながってきますよ!

 

便秘期間が長ければ長いほど、簡単には便秘解消することはできないかもしれませんが…食生活を見直し運動を取り入れるなど、日々地道に努力をしていくことで「息スッキリ美人♪」を目指しましょう。

 

 

>>口臭サプリランキングおすすめ人気ベスト5!